アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

黒だからって痩せて見えるワケじゃない!太って見えない冬アウターコーデ術

肩幅が広い…腰のハリが気になる…そんな体型の悩みはありませんか?そんなお悩みを“着やせ”によってカバーするテクニックをご紹介します。今回は着ぶくれしないアウターコーデのポイントです!

目次

着ぶくれしない着こなし方

アウターとインナーの色を考えてコーディネートしていますか?

締め色さえ着れば着やせする…わけではないんです!

NGコーデ

※モデル身長:172cm

まずはこちらのコーディネート。アウターもインナーも黒。

引き締まって見えると思いきや、アウターとインナーの色が繋がってしまい、横幅が強調されて黒い大きな塊に見えてしまいます…。

OKコーデ その①

そこで、アウターは黒、インナーは全く別の色であるボルドーに変えました。

アウターとインナーの色を変えるだけで、縦ラインが強調されるため、スタイルアップして見えます。

OKコーデ その②

もしくは、大判のストールもおすすめ!

首元に巻くことで色が横に繋がって見えず大きな塊に見えません。また上にポイントを持ってくることで、背が高く見えスタイルアップして見えます。

肩幅が気にならなくなるアウターの選び方

NGコーデ

首元が詰まり気味のノーカーラーコートは広い肩幅があらわに…!

これは、人の目がアウターの首元から袖の付け根までと判断してしまうのが原因なんです。

OKコーデ その①

そこで、この“肩周り”を隠してくれるポイントを作ることで、肩幅の広さは誤魔化すことができるんです!

例えば、大きめのえりがあるものは肩幅の広さがばれにくいです。

OKコーデ その②

もしくはこういったフード付きのアウターも肩幅の広さを誤魔化すことができます。

フードは大きめで立ち上がるデザインのものがおすすめ!

今回は着ぶくれしない、肩幅が気になる私のコートの選び方をご紹介しました!

アウター選びはトレンドやデザインだけでなく、着やせという視点から見てみると冬のコーデがより楽しくなると思います♪

「#スタイルアップ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■暑さも味方につける香りで爽やかコーデ♡2つのアロマで「私だけの香り」をまとう
■驚くほど目が大きく見える!?ブラウンメイクでデカ目をつくるテクニック
■スタイリストがおすすめする失敗しないサンダルの選び方


/

この記事の著者

ゆかちん

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

おすすめアイテム

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録