アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

寒い冬でも暖かく過ごすためにはショートヘアやボブがいい!?オススメヘアスタイル

寒い冬を乗り切るためにはいかに暖かく過ごしていくのかが大切です。首もとを暖かくするためにマフラーを使う方も多いですが、マフラーには短所があります。その短所をなくすためにオススメなヘアスタイルをご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

今年の冬も寒いですね!
すごしやすかった秋もあっという間に過ぎ、寒い冬がやってきましたね。

先月や先々月にはニットやセーターなどの秋のファッションを楽しむことができましたか?

でももうそれだけでは寒くてコートも手放せないこの季節。
これから一段と寒くなってくることが予想されます。

グッと気温の下がるこれからの季節は特に体調を崩しやすい季節。

仕事に家事に万全のコンディションで行うためにもカラダの冷えには細心の注意を…。

冬の冷え対策をすべき場所は手足ではない

カラダのどこが冷えるとカラダに良くないか知っていますか?
足首?手首?お腹?
いいえ、すべて違います。

もちろん、足首も手首もお腹も冷やさないことは体調管理をする上でとっても大切なことです。
しかし、もっと大切な箇所があります!

それは首です!
首は皮膚が薄い上に、頸動脈といわれる太い動脈が流れています。
その動脈が冷えることでカラダ全体の冷えに繋がってしまいます…。

毎年、冬になると

・寝つきが悪くなる
・夜中に何度も目がさめる
・寝ても疲れが取れない

これらはカラダの冷えが原因で起こっていることです。

では、その大切な冷え対策はどのようにしていくといいのでしょうか?

冷え対策に欠かせない定番アイテムとそのアイテムの短所

答えはとっても簡単“首を暖める”
これが一番大切なことです。

そのために津郷がオススメする方法はマフラーを巻いて首を暖めること。
マフラーを巻くと首の後ろ側だけでなく横も前もスキマなく暖めることができます。

しかも暖かい室内に入った時にはマフラーを外すことができる
とっても便利な定番アイテムです!

しかしそんなマフラーにも欠点があります。

それはマフラーを外した時に

・髪の毛にクセがついていてボサボサになる
・静電気で髪の毛がパサパサになる

そのために、出先でマフラーを外したいけど外せない!という経験をしたことはありませんか?
しかし、それらの悩みは解決することができます!

マフラーの欠点を感じさせないヘアスタイル

どのようなヘアスタイルだと、マフラーを巻いていてもマフラーを外してからも素敵な貴女でいられるのでしょうか?

津郷がオススメするヘアスタイルはショートヘアやボブです。

しかしショートヘアやボブならなんでも良いというわけではなく、たった1つの条件があります。
それは首もとがスッキリとしたシルエットのショートヘアやボブにすることです。

マフラーをした姿を横から見ると、首の位置にマフラーのボリュームがあることがわかりますね。

そのボリュームのある箇所に髪の毛があると、マフラーを外した時に髪の毛にクセがついてしまったり、静電気でボサボサになってしまいます。
しかしその位置に髪の毛がなければ、マフラーを巻いても外しても何の影響も受けません!

冬は寒いから髪を伸ばす!と言われる方も多いのですが、髪の毛とマフラーで比べると断然マフラーの方が保温効果が高くて暖かいです。
しかも寒さ対策に髪を伸ばしても結局、マフラーをしていませんか?
そして暖かい室内に入り、マフラーが不要になった時にマフラーを外せないと困ってはいませんか?

それなら寒い冬だからこそ、えり足がスッキリとしたショートヘアやボブのヘアスタイルにして
いつどこで誰が見ても素敵な貴女でいませんか?

・ショートヘア

・ボブ

まわりの人たちから褒めてもらえるようになると、いつもよりまちょっと幸せな気分に浸ることができます。

体調もヘアスタイルもファッションもキマっていると
日々の仕事、家事、プライベートetc…をいつもより楽しく過ごせるようになります。

ちょっとしたことに気を配りこれからより一層、あなたに笑顔が満ちる幸せな日々をお過ごしください。


執筆者:津郷博之


この記事に関連するキーワード


22

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録