読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ほうれい線を消すマッサージ!魔法のようなメソッドを紹介★

「美」にまつわる著作を多数出されているセルフエステの第一人者、出口アヤさんがmichillのみなさんにこっそり教えてくれる「もっと美しくなるためのメソッド」。第二回は「ほうれい線ケア」を公開します。プチ整形に頼らず、お金をかけないで、ほうれい線を消す魔法のメソッドとは?

このコラムにありがとう

目次

この記事を試すのにかかる金額

  • セルフエステ1回 約10円

※参考 ヒアルロン酸注射1回 約50,000円

多くの女性の悩み…「ほうれい線」

michill読者のみなさま、こんにちは。(社)国際セルフエステアカデミー代表理事 出口アヤです。

さて、今回のテーマは「ほうれい線」です。ほうれい線というのは実年齢よりも老けた印象を与える口元のシワです。シワの中でも女性のお悩みナンバー1に君臨しています。

不規則な生活や間違ったスキンケアでは肌が老化し、たるみが生じ、お肌のハリがなくなってしまいます。実はこのほうれい線、表情筋を鍛えると改善が期待できるって知っていますか?加齢のせいと諦める前に、セルフエステによって表情筋を活性し、マイナス7歳を目指しましょう!

プチ整形は夢の魔法

「このシワさえ無ければ…。」

そんな悩みをいち早く解消する方法と言えば、美容整形でしょう。コンプレックスが大きくなればなるほど、「美容整形をして手っ取り早くキレイになりたい」と思うのも当然なのかもしれません。

美容整形は、今や誰もが簡単に試せる、ごくポピュラーな美容法とも言えます。手っ取り早く、この悩みを解消したい!と思うのは、なにも特別なことではありません。実は言うと、この私も美容整形を体験した一人でした。キャリアを積むことに必死になっていた時代、自分の美と健康に向き合ってこなかった報いなのでしょう。

ある時、鏡をふと見ると、口元にくっきりとほうれい線が刻まれていたのです。お客様に美と健康を提供する立場なのに、こんな老け顔ではいられないと焦った私は、美容整形クリニックを予約し、ほうれい線を消す「ヒアルロン酸注射」を決意したのでした。

施術中は注射針の激痛に絶え、施術後の数日間は注射の後、波打つようなデコボコした跡やアザが残ったものの、口元はふっくらしてハリを戻し、ほうれい線も目立たなくなりました。キレイな仕上がりとなって自信をもった私は、あの時に味わった痛みも罪悪感もすっかり忘れ、鏡を見ると自信に満ちあふれるようになりました。

ですが、その喜びもつかの間です…。

あっという間に夢の魔法は解けてしまったのです。美しさの効果は、たった3ヶ月で消え失せてしまいました。

対処療法はその場しのぎ

美容整形は、エステとは違いとても高額です。ヒアルロン酸注射の施術代は数万円でしたが、相場でみると妥当な金額でした。それがたった3ヶ月の効果で消えてしまうのです。更に施術には痛みやストレスも伴って…。経済力がなければ、やり続ける事は難しいでしょう。

それに、どんな副作用があるのか判っていません。こうして、ヒアルロン酸注射は結局のところ対処療法で、その場しのぎということに気がつきます。ただ、中には美容整形に取り憑かれてしまった人達もいることでしょう。数ヶ月間の美しさが、やみつきとなってしまうのもわかります。いったん美の魔力に取り憑かれてしまうと、例えその場しのぎであったとしても即効性を期待し、やり続ける事になるのです。

そこで私は、効果を実感できるまでに時間はかかるかもしれないけれども、お金をかけないで、より安全で確実な方法を求めて、ほうれい線対策のセルフマッセージを始めたのです。すると、あんなに気になっていて、対策にお金もストレスもかかった、ほうれい線が、たったの1ヶ月のセルフマッセージをしただけで、目立たなくなってしまったのです。

それからは、もっと簡単に効果が出るマッサージ方法を研究するようになりました。こうしてできあがったメソッドが、これから説明するほうれい線のセルフエステです。

「口輪筋」を鍛えて、ほうれい線予防のストレッチ

ほうれい線に関係する表情筋の一つに、「口輪筋」が上げられます。私たちの顔の中には大小合わせて30種類の表情筋があり、それらの筋肉が複雑に動いて繊細な表情を作っていす。30種類の表情筋と、直接的、かつ間接的につながっているのが「口輪筋」。

つまり「口輪筋」が衰えれば、ほうれい線だけでなく、顔全体の表情筋がたるむといっても過言ではないのです。さあ、それでは「口輪筋」を鍛えて、ほうれい線の予防と対策をしていきましょう!

【舌ぐるぐる体操】
「顔全体のたるみ解消と、ほうれい線予防のストレッチ」
① 歯茎の上を舌でぐるりと一周なぞる
② 右回りを20回行ったら、左回りも同様に行う

老け顔の象徴!ほうれい線のシワ対応のセルフエステ

セルフエステは、道具を使いません。使うものは、小量のオイルと自分の手だけ。エステや美容整形に行かなくてもキレイになれる魔法の美容法です。自分でできるセルフエステは、エステサロンに通えない忙しい方にとっても、とても人気のある方法です。

~セルフエステをする前に~
【セルフエステで使用するもの】
・鏡
・マッサージオイル 1円玉大

【マッサージ前の注意点】
・清潔な手で行いましょう。
・手が冷たい場合は、こすり合わせるなどして温めてから行いましょう。
・皮膚を強くこすらないようにしましょう。
・無理に力を入れすぎたりしないように気をつけましょう。

さあ!早速セルフエステを体験してみましょう
(鏡を見てほうれい線の長さを確認してからスタートしましょう)
1 人差し指側面をほうれい線に沿ってあて、外側に指圧します(左右3回程度)

2 人差し指を使い、下から上に向かって、ほうれい線に沿って小さな螺旋を描きながら、掘るように刺激します
※ この時、皮膚を動かしすぎないように注意しましょう (左右3回程度)

3 人差し指側面を鼻の脇にあて、上下に揺らして刺激します

いかがだったでしょうか?毎日ほんの数分間、鏡に向かって自分に手をかけてあげると、見違えるほどあなたの美しさは変化します。老け顔の象徴であるほうれい線を解消し、マイナス7歳を目指しましょう!

セルフエステについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの書籍もご覧下さいね。
※書籍連動動画付きなので,動画でセルフエステを学べます。
『見違えるほど美人になるセルフエステ(三笠書房)』
 楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/13169357/

インストラクターから直接学んでみたい方は、(社)国際セルフエステアカデミーのセルフエステ講座をご受講ください(東京・名古屋・札幌・宮崎で随時開催中!)
(社)国際セルフエステアカデミーHP


執筆者:出口アヤ

更新日:2017年2月4日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録