アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

男性に聞きました♡「デートにこれを着て欲しい!」最強モテアイテム6選

デートはとっておきのコーデで挑みたいもの。でもなにを着れば良いか悩みますよね。そんな時は男性の意見を参考にしてみるのもいいかも。今回はmichill編集部が「彼女がデートに着て来たらドキッとする」アイテムを20~30代の男性に調査♡アンケート結果をピッタリなアイテムと併せてご紹介します。

目次

男性ウケには露出控えめが◎バックシャンアイテム

「待ち合わせで着てきたらドキッとする」(20代 会社員)
「後ろ姿までお洒落に気を使ってる感じがしていいね」(30代 会社員)

背中にワンポイントデザインが加わったバックシャンアイテム。後ろ姿まで可愛い!と男性からも高評価でした。今季のトレンドでもあるので、取り入れない手はありませんね!

ただし「露出度が高すぎる格好はちょっと…」「軽そうに見える」という声もちらほら。アイテム選びには注意が必要です。

肌魅せが絶妙なバックシャントップス

出典:SHOPLIST

SpRay テレコバッククロスTシャツ
¥1,790(税抜)

後ろがクロスになったデザインのTシャツ。ヘルシーな色気を演出してくれるデザインです。

バックシャンデザインででも、肩周りはしっかりカバーされているからセクシーになりすぎず程よい肌魅せが叶います。

スカートに合わせてフェミニンに、デニムと合わせてカジュアルに…と、使いやすい1着です。

チュールの透け感が可愛いバックシャントレンチ

出典:SHOPLIST

SpRay BACKチュールレーストレンチ
¥3,990(税抜)

肌魅せは勇気がいる…という方はアウターで取り入れるのも◎

正面から見るとカチッとしたトレンチコートですが、後ろはチュールデザインになっています。歩くたびにふわっと揺れて女性らしい印象で着こなせますよ。

男性ウケするニットは素材感とシルエットが大事

「優し気に見えて一緒にいてリラックスできそう」(30代 自営業)
「ふわっとしたニットは女性らしくて好き」(30代 会社員)

やっぱり定番のニットは男性からも好印象。ふわっと包み込んでくれるような素材感に女性らしさを感じる様です。そんなニットのオススメはこちらの2点。

モテもトレンドも叶えるボリューム袖ニット

出典:SHOPLIST

SpRay ボリュームスリーブボトルネック
¥2,290(税抜)

人気のボリューム袖デザインのニット。ふわっと柔らかな印象で着こなせます。

たっぷりとした袖に対してボディラインは程よくタイトで、着膨れが気にならないのがポイントです♡

シルエットに注目!タイトなニット

出典:SHOPLIST

SpRay リブスクエアネック
¥2,290(税抜)

程よくボディラインに沿う色っぽいニットも男性ウケ◎ネックラインは、色っぽくなりすぎないデザインを選んで露出度は控えめにするのが上品に見せるコツです。

優し気に見えるふわっとした素材感も素敵ですね。

甘さのバランスがポイント!男性ウケの定番スカート&ワンピース

「パンツよりもスカートの方が気合いを入れてきてくれたんだなっていう感じがする」(20代 学生)
「ワンピースは女性らしくて好き」(30代 会社員)

ダントツで人気だったのはスカートやワンピース!と言っても沢山種類があって選べませんよね。そんな時オススメなのがこちらの2点。

大人可愛いプリーツスカート

出典:SHOPLIST

ZNEWMARK ロングプリーツスカート
¥2,680(税抜)

ふわっと風に揺れる軽やかさが目を引くプリーツデザインはデートにピッタリ♡カラーは爽やかなブルーを選ぶと、あざとく見えません。

プリーツスカートは、きちっとした雰囲気があるので、スニーカーやフラットシューズと合わせてカジュアルダウンすると親しみやすい雰囲気を作れます。

レースで大人っぽさをプラス♡ドッキングワンピース

出典:SHOPLIST

SpRay レース切替ドッキングワンピース
¥3,900(税抜)

レースの大人な印象のこちらのワンピースは、ちょっぴり背伸びしたお洒落を楽しみたいときにオススメ。ウエストのリボンで可愛らしさを演出できます♡

選び方のポイントはシルエット。セクシーでタイトなデザインよりも、ふわっとしたフレアデザインの方が男性にとって親しみやすいようです。

今回は男性に聞いた「デートに着てきたらうれしいアイテム」とオススメのアイテムを合わせてご紹介いたしました。ぜひデートコーデの参考にしてみてくださいね!

※記事内の商品情報は2020年3月17日時点です。

記事協力:SHOPLIST

「#デートコーデ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill トレンドニュース

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

おすすめアイテム

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録