アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

まつぼっくりで作る、クリスマスガーランド

もうすぐクリスマス。1年で最もデコレーションが楽しい季節です。今回は、まつぼっくりを使った、ナチュラルな手作りガーランドのご紹介です。まつぼっくりに一手間かけるだけで、いろいろなクリスマスアイデアに応用できます。あなた好みのガーランドを、是非作ってみて下さい。

目次

この記事を試すのにかかる金額

  • ・まつぼっくり 
     拾ったものでOK。
     購入するなら、100円ショップや手芸店で。
     手芸店では、30個700円程度。
     ゴールドのものは、5個400円程度。

    ・ヒートン ホームセンターで。
     全長1.5センチくらいのもの 13本入りで120円程度。

    ・リボンやコード、ミニカードなど 好みで準備。

この記事を試すのにかかる時間

  • 30分~60分程度

まつぼっくりの下準備

材料のまつぼっくりは、拾ったものでも買ったものでもどちらでも構いません。ただし、拾ったものは、汚れや虫など気になりますよね?安心して手作りする為にも、下処理をしましょう。

方法は簡単です。一晩たっぷりの水につけておきます。これで虫は追い出せるはず。水を含むとカサが閉じてしまいますが、乾燥すればまた開きます。きれいに洗って天日干ししましょう。すっかり乾燥すれば、完璧なまつぼっくりの完成です。
作る日が決まっているならば、乾かす日にちを見越して、数日前に下処理を済ませておきましょう。

買ったまつぼっくりなら、この下準備の必要はありません。

ヒートンをつけるだけ

まつぼっくりに「ヒートン」というねじ込み式の金具を付けます。ホームセンターの金物売り場で買う事ができます。照明を吊るすような大きなサイズから、今回のような小さなサイズまで、種類も豊富です。

小さめのヒートンを買ってきましょう。このヒートンを、まつぼっくりの頭の中心付近にねじ込むだけです。簡単に入りますが、もし固いようなら、少しずらして入るポイントを見つけます。

この後、好みでまつぼっくりに着色しても素敵です。写真の例は、アクリル絵の具の白を、先の部分に少しだけ塗っています。ヒートンを持ちながら作業できるので、手を汚さずに済みますよ。

組み合わせを楽しんで

ヒートンを付けた後は、コードに通していけば簡単にガーランドになりますが、ちょっとしたコツがあります。コードをぐるりと1周まわして通しましょう。こうすることで、まつぼっくりの位置が固定され、吊るした時にすべってずれてしまう事がなくなります。

小さなクリスマスカードを一緒に並べてアレンジしてみました。カードはマスキングテープでコードに留めています。こんな小さなガーランドは、棚やドアに飾るのにピッタリです。

他にもボタンを通したり、オーナメントを通したり、お子さんのいるご家庭なら、クリスマスカラーのキャンディーなどをつけても、とても楽しいガーランドになります。いろいろな組み合わせでオリジナルガーランドに仕上げてみて下さい。

こちらは、もう少し洗練された大人の雰囲気のガーランドアレンジです。ゴールドのまつぼっくりを使って、(ツリーのオーナメントとして売られていたもの)エメラルドグリーンのリボンを無造作に一結び。長く作って部屋のコーナーに吊るしました。

端をあえて下に垂らすのも、おしゃれな雰囲気。ヒートンにヒモを1周巻いてあるだけで、真下に垂らしても、まつぼっくりがすべり落ちる事はありません。

まつぼっくりにヒートンをつけるだけで、たちまち用途が広がります。今回はガーランドを提案しましたが、リボンに通せばラッピングの飾りにもなりますし、短いコードをつければ、クリスマスツリーのオーナメントとして吊るす事もできます。

「ヒートン」を初めて聞いた方も多いと思います。まつぼっくりクラフトには、とても便利な金具です。ホームセンターに行かれた際は、是非探してみて下さい。まつぼっくりで、素敵なクリスマスデコレーションを!


/

この記事の著者

鴨下ふみえ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録