ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子どもと楽しむクリスマスまでの24日間

12月に入り、どこもすっかりクリスマスモードになりました。クリスマス当日も特別な日ですが、クリスマス前の期間もワクワクするもの。わが家ではクリスマス到来を子供たちと楽しむために、「アドベントカレンダー」で12月1日からクリスマスまでのカウントダウンをしています!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

こんにちは!みしぇるです。

12月に入り、どこもかしこもすっかりクリスマスモードになりましたね。
わが家の子どもたちは、「1年の中でクリスマスの時期が一番好き!」といいます(ハロウィンもいい勝負ですが…)。

私は、冬の寒さは正直苦手ですが(苦笑)、街を歩くとクリスマスのイルミネーションがキラキラと輝き、クリスマスの音楽が流れてくると胸がワクワクしてきます。

もちろんクリスマス当日は特別な日だけれど、だんだんクリスマスが近づいてくる今ぐらいの季節の方が、ワクワク度は大きい。そんな気がします。

クリスマスの到来を子どもたちと楽しむために、わが家では毎年「アドベントカレンダー」を準備して、子どもたちと一緒に12月1日から、毎日カウントダウンしていきます。

今年は、子どもたちも大好きなムーミンのアドベントカレンダーをチョイス。みなさんもご存知だと思いますが、アドベントカレンダーには、24個の小窓があり、クリスマスまでの24日間、毎日1つずつ小窓を開けていく…というワクワクカレンダーなのです。窓を開けると、中には小さなチョコレートが。わが家では子どもたちが順次窓を開けていきます。

北欧ではアドベントカレンダーは「ユールカレンダー」(スウェーデン語)とよばれ、古くからある習慣だとか。 冬の長い北欧には、冬を楽しむ様々な知恵とアイデアがあります。北国育ちの私にとって、北欧の伝統や雑貨は懐かしく感じます。だから北欧の食器や飾りが好きなのかもしれません。

わが家では、12月に入ると子どもたちがサンタさんに手紙を書きます。小学6年生の長男が「サンタさんがきっとどこかにいる…」と信じて真剣に手紙を書く姿にはほっこり。
3年生の長女は、24日の夜に、もうすぐ来るであろうサンタさんに、クッキーとミルクと置き手紙を用意します。クリスマスは、1年の中で一番心温まる時期かもしれません。


執筆者:みしぇる

更新日:2017年12月2日


2

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録