アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

大掃除の後にやっておきたい!その後ラクできる予防掃除

年末に向けて、大掃除をされている方も多いのではないでしょうか? 汚れを溜めると掃除が大変ですよね。 せっかく大掃除でキレイになった場所、ちょっとひと手間の「予防掃除」を施しておくと、簡単にキレイを保てるようになります。 今回はそんな、大掃除の後にぜひやっておきたい予防掃除をいくつかご紹介します。 


このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

 高いところはラップで楽々!

高くて手が届きにくい場所は、掃除するのも大変ですよね。

特にキッチンの冷蔵庫の上などは、油煙のベタベタ汚れもあってさらに掃除が大変な場所。

そんな冷蔵庫上には、ラップを使うと効果てきめん!

キレイに掃除した後に、ラップをぴたっと敷き詰めておきます。

そうすれば、次の掃除の時には汚れたラップを剥がすだけでキレイに!

油煙のベタベタ汚れと格闘することなく一発で汚れを落とせて、面倒な掃除の時間がぐっと短縮できるので、とてもオススメの予防掃除です。

他にも、食器棚や本棚などの高い家具の上や、洗面台の上なども、手が届きにくくホコリがたまりやすいポイント。

こういう場所にも、キレイに掃除した後にラップを敷いておくと、次の掃除がぐんと楽になりますよ。

手軽に使えるフィルターを活用する

意外に掃除が面倒な、トイレの換気扇。

気が付くと、ホコリが思った以上にびっしりついていることも…。

そこで活躍するのが、100円ショップのホコリ取りフィルター。

マジックテープにくっつく素材なので、換気扇の枠に付属のマジックテープを貼り付けて、そこにフィルターをのせればもう完了!

汚れたらフィルターをベリッと剥がすだけなので、交換の時にいちいち両面テープなどを貼る手間もなく、交換もラクラクです。

100円で数回分入っていてコストパフォーマンスも抜群なので、汚れたなと思ったら気軽に付け替えできます。

残りのフィルターは、あらかじめカットしておいてジップ付き袋に入れてトイレの棚に保管。

こうしてすぐ使えるようにしておけば、気付いた時にサッと出してつけるだけなので交換も苦にならず、ズボラな私でも続けられています。

市販の便利なグッズもうまく取り入れて

バスルームも、一度カビが生えてしまうと掃除するのが大変な場所。

市販のグッズで、カビの発生を抑えてくれる便利なものがあるので、利用しています。

使い方はとっても簡単で、付属のケースに薬剤をセットして→水を注いだら、バスルームの床にポンと置くだけ。

しばらくするとプシューッと煙が出てくるので、閉め切ってそのまま放置して、最後に換気をすれば完了!洗い流す必要もなくそのままお風呂に入れます。

あくまでカビの発生を抑えるためのものなので、すでに発生してしまっているカビを取る効果はありませんが、定期的に使用することでカビがつきにくくなったと感じています。

発生してしまったカビを取るとなると、強力な洗剤を使ったり、ゴム手袋を用意したりと、準備も作業も大変なもの。

手軽にできるカビ予防で、簡単にキレイをキープ!掃除の手間を軽減できます。

おわりに 

大掃除で家じゅうをピカピカにしたら、そのついでにちょっとひと手間。

汚れにくくなる工夫をしておくと、次に掃除する時がぐんとラクになります。

手軽にできる予防掃除、試してみませんか?

参考になれば幸いです。


執筆者:まどなお



47

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録