アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

疲れやすい年末に見直したい朝と夜のスキンケア

忘年会や、クリスマスパーティなどなど、人と会う用事が多いのがこの季節。そして疲労もたまりやすい季節。 この時期、自分の肌のコンディションを崩しがちなのではないでしょうか。 今回は、年末だからこそ見直していただきたい、朝と夜のスキンケアについてご紹介します!

目次

なんとな〜く朝、お化粧をし、
なんとな〜く夜、洗顔をして適当に保湿していませんか…?

実は朝と夜のスキンケアには別の役割があります

今日から曖昧なスキンケアはやめて、 朝には朝の、夜には夜の、お肌のお手入れをしましょう!!

ではまずは朝のお手入れからご紹介!

朝のケアには日中の紫外線などのダメージから「肌を守る」というのが大事な役割。
まずは睡眠中の皮脂やほこりを落とすため、
ぬるま湯ですすぎ洗顔を。

こすったりせずにパシャパシャと
お肌に触れるか触れないかの優しい洗顔のイメージです。

(エステサロンさんや皮膚科などで
朝も洗顔料を使用するのを推奨されている方は
その方のお勧めに従ってくださいね!)

一旦ナイトケアをリセットしましょう。
その後の化粧水の浸透がよくなります。
スキンケアは化粧水などに、ビタミンCが配合されているものがおすすめ。

きちんと日中に美白ケアが出来るものが良いですよね。
冬の間も日焼け止めは忘れずに塗りましょうね。

では夜のお手入れなんですが、
夜寝ている間にダメージケアや乾燥を解消出来るかはナイトケア次第。
ニキビや毛穴トラブルの原因になりやすい悪習慣になっている方は要注意。

夜のお手入れの注意点とは…
洗顔料はしっかりすすぐ!!です。
(メイクはもちろん毎日落としてくださいね!)

すすぎ残しは肌荒れの原因になりやすいです。
おでこや小鼻、生え際、あとは輪かく周りもしっかり忘れずに!
簡単なことですが、意識するだけでかなり結果は違います。

基礎化粧品のつける順番ですが、
粒子の細かいものから大きなものへ
水溶性のものから脂溶性の物へというのが王道パターン。
(水分を多く含むものから粘性のあるものへ、の方がわかりやすいでしょうか。)

冬場だけ、オイルやクリームをしっとりしたものに替えることもおすすめです。
繰り返しになりますが、
朝は「肌を守る」
夜は「ダメージをケアする」ようなイメージです。

スキンケアとはそれてしまいますが

就寝の際にはリラックスするなら
ラベンダーやカモミールなどの心を落ち着かせる香りが
落ち込んでいるときは
グレープフルーツやペパーミントなどリフレッシュできる香りを
アロマで用いても良質睡眠につながると言われています。

お肌にとって睡眠は大切な美肌要素なので、香りを気をつけていただくのも良いと思います。
是非、参考にしてみてください、


/

この記事の著者

珠実

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録