アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

100均シールで冬らしさを♪大人シンプルなボーダーネイル

ボーダーネイルというと夏のネイルをイメージする方も多いのではないでしょうか。ボーダーの幅を太めにしてくすみカラーを選べば、簡単に冬に使えるボーダーネイルになります。シールやスタッズも少なめにしてシンプルにすると、より大人らしい雰囲気になるのでオススメです♪

目次

使用するもの

左から

●ナチュラルネイルカラーN ミルキーホワイト/デュカート
●ナチュラルネイルカラーN シーッ!/デュカート
●ナチュラルネイルカラーN マイバレンタイン/デュカート
●ATフレークネイル グリッター11/キャンドゥ

中指と親指に使用した雪の結晶シールは、

●ネイルパーツシール 08 雪/セリア です。

ネイルの作り方

<中指と親指のボーダー>

ボーダー部分をきっちりと丁寧に仕上げたい場合は、マスキングテープで作っていくことをオススメします。

今回は時短のために、それぞれのカラーをハケのまま書いていきました。

まずは爪の根元に来るカラーを下から1/3まで2度塗りします。

次に真ん中に来るカラーを2度塗り、最後に爪の先端に来るカラーで2度塗りまします。

中指は下からシーッ、ミルキーホワイト、マイバレンタイン

親指は下からミルキーホワイト、シーッ、マイバレンタインという配色にしてみました。

このようにハケの先を使って、カラーとカラーの境目もできるだけ綺麗に書いていきます。

乾いたらセリアの縦にピアスのようになっている雪の結晶シールを、横向きにしてボーダーの境目に貼ります。

最後にトップコートを塗ります。

<ボーダー以外の指>

人差し指と小指にミルキーホワイトを、薬指にゴールドグリッターを2度塗りします。

これで完成です。

ボーダーはマスキングテープを使うと、乾き具合によっては境目が剥がれてしまい失敗することもあるのですが、今回のように幅の太いボーダーであればポリッシュのハケのままで書いていけるので、そのような失敗は無くなります。

ハケのまま書いていくと境目の線が綺麗にならなくて気になる…という場合は、細いゴールドラインを引いたりラインテープを貼ったりと隠すことができるので試してみてください。

今回は少し冬らしく、ラインテープの代わりに雪の結晶のシールを貼ってみました。

このように、その季節を象徴するようなシールを貼るとより季節感が出るのでオススメです♪

ボーダー部分で派手さが出るので、他の指はカラーを塗るだけというようにシンプルにすることで大人っぽい雰囲気になります。

このボーダーネイルは、秋冬カラー定番のグレージュとボルドー、そして冬にピッタリなラメ入りミルキーホワイト、アクセントにゴールドというカラーを選んでいます。

寒色系が好みの方は、ボルドーをネイビーに変えて、ゴールドをシルバーに変えた配色などもオススメです♪皆さんも好みの冬カラーで大人なボーダーネイルをしてみてください♡


/

この記事の著者

まいまい

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録