アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

忙しい方にこそオススメ!100均アイテムで手作りの壁掛けレターラック

ポストに届く郵便物。すぐに開封できていますか?後回しにしてしまい、玄関の靴箱やリビングカウンターの上に郵便物が溜まってはいませんか? 今回は100均アイテムでレターラックをDIYする方法をお届けします!確認が必要な郵便物や絶対に忘れられない書類などを置く場所にもなります♪

目次

この記事を試すのにかかる金額

  • ・Seria 木板 焼き目付45×12cm 108円(税込)
    ・Seria インテリアウッドフレーム黒板 108円(税込)
    ・Seria 木製角材 2P 108円(税込)
    ・ダイソー 板材(450×200×9mm) 108円(税込)

『手作り!壁掛けレターラック』を作るのに必要な道具類

ノコギリ・ボンド・塗料
(壁掛けにしたい場合:ネジ・ドライバー・三角吊金具)

『手作り!壁掛けレターラック』の作り方

1.黒板をダイソー板材に、ボンドで接着します。

2.ふたつセットの内、ひとつの角材をノコギリでカットします。
(木板焼き目付とぴったり合うように、木板焼き目付の高さから角材の厚みを引いた長さがふたつ必要です)

3.1の板材の裏に、カットしていない角材と2でカットした角材ふたつを、↓写真のようにボンドで接着します。

4.黒板の隅にマステを貼ってカバーをしてから、3で角材を接着した板材全てにペイントをします。

5.乾いたら、裏の角材に木板 焼き目付をボンドで接着します。

6.完成です!

※お好みのスタンプをおしたり、100均の転写シールもオススメです♪

『手作り!壁掛けレターラック』の使い方

郵便物をため込みすぎないように薄めのレターラックです。

※壁掛けにする方は、強度アップのためにボンド接着の上からネジどめし、三角吊金具を付けて下さい。

軽い郵便物なら、プッシュピンで十分です♪

この黒板は、マグネットが使えるのでメモを挟んだり、予定を書き込めます!

これで、忙しい日々でも忘れ物が減るかもしれない!と自分に期待を込めて〜

『手作り!壁掛けレターラック』はアレンジ可能!

プッシュピンでなく、ネジやクギでしっかりと壁に掛けたら、ブックシェルフにもなりますよ♪

私は雑貨も飾りたかったので、端材とネジをプラスしてみました。

これで、たまってしまう郵便物へのストレスと、忘れ物も減らせるかもしれませんよ〜!


/

この記事の著者

ひなみ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録