アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク

綺麗な人の共通点は美人眉♡プロが教える「絶対失敗しない美人眉」の作り方

眉は顔の印象を決める重要なパーツ。特に、マスク着用時は眉がメイクの決め手になるといっても過言ではありません。そこで取り入れたいのが、「眉の黄金比」。黄金比を生かせば誰でも美人眉を作ることが出来ます。今回は、美しさを高める美人眉の作り方についてお伝えします。

目次

「眉の黄金比」とは

黄金比とは、多くの人が美しいと感じる比率のこと。眉を目や鼻、骨格とバランスを合わせることで、美人眉を演出できます。

眉頭:小鼻の端からの延長線上

眉山:眉頭から眉尻までの3分の2の位置、黒目の外側の延長線上と目尻の延長線上の間

眉尻:小鼻と目尻を結んだ延長線と、眉頭から眉尻に向けた水平線上の交差点

眉頭、眉山、眉尻の3点を意識して眉を描くと、理想的な形に仕上げることができます。

長すぎる毛はカットしておく

黄金比がわかったら、アイブロウペンシルで薄く輪郭をとってみましょう。大きくはみ出る毛はカットすると、理想の形に近づけやすくなります。

眉頭側はコームで眉を持ち上げて、はみ出た部分をハサミでカットしましょう。眉尻側は眉を毛流れに沿ってとかして長い部分を切るとよいでしょう。

眉頭は淡い色でほんのり影をつける

今回は、アイブロウパレットとアイブロウペンシルを使います。まず、眉頭はアイブロウパレットの一番淡い色でほんのり影をつける程度で十分です。

眉頭を濃くすると眉全体がのっぺりとした印象になってしまうので、色を感じないくらいで大丈夫です。

中間色を地肌につけるように

眉山の周辺はアイブロウパレットの中間色を使います。パウダーは毛の上に塗っても発色しないため、ブラシで地肌につけるのがポイントです。

多少塗りすぎてしまっても、後からスクリューブラシでぼかせば問題ありません。

眉尻はアイブロウペンシルで毛を描き足す

一般的に眉尻には毛がない人が多いので、足りない部分をアイブロウペンシルで描き足しましょう。

眉尻は先に向かって細く描いていくため、芯の細いものがおすすめです。1本ずつ毛を増やすような感覚で描くと、自然な仕上がりになりますよ。

描き終えたら、スクリューブラシでぼかす

洗練された眉を追求するなら、各パートを描き終えた後にスクリューブラシでぼかしてみてください。メイク感が薄れ、自然な印象になります。描いてはぼかすを繰り返すと、プロ並みの仕上がりが叶うでしょう。

眉の黄金比を守って美人眉に

眉の形に悩んでいた方も、黄金比を利用すると理想の形に仕上げやすくなります。ぜひ試してみてくださいね。

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録