アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

暮らしを整えるふせんの使い方

今年でノート歴が17年目に突入しました。ノートやスケジュール帳だけはずっと続けられている大きな理由は、「ノートに書くと暮らしが整う」ということをいつも実感しているからです。今回は毎日スケジュール帳やノートを活用している中で、マストなふせんの使い方をご紹介。今年も楽しく書いて、暮らしを整えていきたいですね。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

こんにちは!みしぇるです。

じつは、今年でノート歴が17年目に突入しました。三日坊主で面倒くさがり屋の私ですが、ノートやスケジュール帳だけは、結婚してからずっと続いています。ズボラな私でも継続できている大きな理由は、「ノートに書くと暮らしが整う」というのを、いつも実感しているから。

17年間、色々なスケジュール帳を試してきましたが、現在は無印良品のシンプルなスケジュール帳に落ち着いています。シンプルなデザインだと、マスキングテープやシールを貼ったり、色えんぴつなどで色づけしたり、イラストを添えたりと、自分好みにカスタマイズできるのがいいですね。

マストアイテム!ふせんの使い方

スケジュール帳やノートを活用していて、これはなくてはならい!というマストアイテムは、ズバリ「ふせん」です。

文房具屋さんにいくと、じつに様々なふせんが売られていますが、オススメのモノは、無印良品の小さなふせんです。サイズは30mm×10mmと小さめですが、私が愛用している無印良品の手帳 (A5サイズ)のマンスリーとウィークリーの枠の中に、ふせんがぴったりとフィットします。

ふせんは「動かせる」という点が、やっぱり便利。たとえば、仕事のスケジュールは、よく日時が変更になることがあるので、直接スケジュール帳には書き込まず、あらかじめふせんに書いておき、予定が変更になったときは、ふせんごと移動させます。

以前は、スケジュール帳に書き込んだ予定が変更になると、斜線を引いたり、修正テープなどで消したりしていましたが、ふせんのおかげで、スケジュール管理がグンとラクになりました。

それから毎日欠かさず使っているのが「チェックリストふせん」。このふせんには、毎朝その日にやるべきこと(to do)ややりたいことなどを書いています。

毎朝ふせんに書くことで、1日がスムーズに流れると感じています。じつは、先日ふせんを切らしてしまい、2週間ほど書かずに過ごしていたのですが、さほど忙しくない日もバタバタしてしまったり、やることが明確に見えないために、なんとなく時間に追われている…と感じるほどでした。

今年も楽しく「書いて」、暮らしをスッキリと整えていこう!と心に決めた私でした。


執筆者:みしぇる

更新日:2018年10月9日


78

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録