アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
垢抜けメイク アイメイク 

垢抜け顔はトータルバランスが決め手♡こなれ顔を作るメイクポイント3つ

みなさまメイクのアップデートはしていますか?流行りのアイシャドウやアイラインの引き方だけでは、なかなか垢抜けないという方必見。トータルバランスを考えたメイクをこの記事でマスターすることができます。今回は、明日から生まれ変われる垢抜けトータルメイクをご紹介します。

目次

やっちゃダメ!典型的NGメイク

NG POINT1:ブラウンシャドウばかり使ってしまうワンパターンメイク

NG POINT2:デカ目を意識して締め色が濃くなってしまい、グラデーションができていない

NG POINT3:一気にギャルっぽくなる目尻のタレ目シャドウ

上記3つにプラスして、

・はっきりとし過ぎているブラックのリキッドアイライナー

・抜け感皆無のブラックマスカラ

も垢抜けない印象を招いてしまいます。

こなれ顔を作る「アイメイク」

POINT1:アイシャドウはオレンジやピーチカラーが新定番

今までは無難なアイシャドウ=ベージュ・ブラウンのイメージがあったと思います。

でも、最近は少し明るさをもたせたオレンジやピーチカラーが主流となってきています。オレンジやピーチカラーは日本人の肌色とも相性が良く、顔全体を明るい印象にしてくれます。

「年齢的にもあまり派手なのは避けたい…」という方は、暗めの色を選ぶのではなく、彩度の低いくすみ系のオレンジやピーチカラーを選んでみてください。

POINT2:アイメイクを盛るなら「下まぶた」

メイク初心者の方は、下まぶたにアイシャドウを塗ることに抵抗があるかもしれません。でも、下まぶたにも上まぶたと同じようにアイアシャドウを塗ることで、統一感も増して垢抜けた印象になります。

下まぶたにアイシャドウを塗ることで、デカ目効果があるだけでなく、小顔効果も抜群。

肌なじみの良い色のアイシャドウから始めてみるのがおすすめです。

こなれ顔を作る「フェイスメイク」

チークはつけているかつけていないか分からないくらいの「ほんのりカラー」がオススメです。

チークで顔の凹凸を強調するのではなく、血色感を与えるイメージです。

何より大切にしたいのは「ツヤ感」です。ツヤ感のあるチークを使うことにより、顔の立体感が生まれ、肌トーンも上がります。

アイメイクに色をもってきているので、地味な印象にもなりませんし、女性らしい柔らかい印象になります。

こなれ顔を作る「リップ」

チークの色を控えている分、リップは自由度が高いです。

ナチュラルカラーはもちろん、しっかり色付くリップも合わせやすいので、ご自身のお顔やファッションに合わせて選んでみてください。

ここで気をつけるべきは、リップの色味ではなく彩度です。

最近のメイクは比較的彩度低めが主流。赤リップでもオレンジリップでも問題ないのですが、パキっとした鮮やかなカラーは避けましょう。

和菓子や着物などに使われる和風のカラーをイメージすると選びやすいかもしれません。

今回ご紹介した垢抜けメイク方法には、特別なテクニックは必要ありません。重要なのは、アイメイク・フェイスメイク・リップと全てのバランスを整えること。

ぜひ明日から挑戦してみてくださいね。

「#メイクテク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録