ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
Traditional Weatherwear 2020-2021 Autumn & Winter ムック本 付録 ショルダーバッグ 画像

人気すぎて売り切れのお店も…!?あの英国ブランドの高見えショルダーが付録の神ムック♡

宝島社のムック本『Traditional Weatherwear 2020-2021 Autumn & Winter』。英国の有名ブランド「トラディショナル ウェザーウェア」の高見えバッグが付録ということもあり、公式サイトでは既に売り切れという人気ぶり…!早速、michill編集部がレビューします♪

目次

人気すぎて売り切れも!英国有名ブランドのショルダーバッグ♡

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング

『Traditional Weatherwear 2020-2021 Autumn & Winter』(宝島社)
発売日:2020年10月5日
価格:¥2,100円(税抜)
特別付録:Traditional Weatherwear[トラディショナル ウェザーウェア]キルティング ショルダーバッグ
サイズ(約):H26×W32×D15cm
ショルダーストラップの長さ:92cm

※バッグ以外は商品に含まれません

宝島社から発売中のムック本『Traditional Weatherwear 2020-2021 Autumn & Winter』。

「Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)」は、イギリスのマッキントッシュ社が展開する老舗コートブランド「マッキントッシュ」のデイリーウェアブランド。

なんと今回のムック本には、そんなトラディショナル ウェザーウェアの高見えなショルダーバッグが付いてくるんです。

嬉しい2WAY仕様♪トラディショナル ウェザーウェアのバッグは高クオリティ!

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング 高見え

今回の付録バッグは発売前から話題になっていたこともあり、宝島社公式通販サイトでは既に売り切れの状態…!見つけたら、即ゲット必須のアイテムとなっています。

ダークネイビーのキルティング生地をふんだんに使用した、トラディショナル ウェザーウェアで人気のジャケットを意識したデザインになっています。

生地もしっかりしていて、完全に付録超えのクオリティ♡

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング 使い心地 売り切れ

フロントにはブランドタグもあしらわれていて本格的。

大人っぽいデザインだからコーデにも合わせやすく、デイリーに使いやすいのが嬉しいですね!

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング 宝島 宝島社

今回のバッグは、収納力の高さもポイント。

長財布、ノート2冊、本、折りたたみ傘、ポーチ、カーディガンを入れてもまだまだ余裕があります!

内側には大きなポケットが付いているから整理整頓しやすく、物の出し入れもスムーズです。

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング 大人

ボタンが付いているので、口もしっかりと閉じることができて安心!お財布などを取り出す時もワンタッチなので、お買い物時のお会計でも焦らずに済みます。

Traditional Weatherwear  トラディショナル ウェザーウェア 付録 レビュー ムック本 ムック ブランド イギリス 英国 バッグ キルティング おすすめ

ショルダーストラップも付いており、ショルダーバッグとしても2WAYで使える仕様になっています。手持ちで疲れたらショルダーにしたり、コーディネートに合わせて持ち方を変えたり…、お好みで持つことができますよ!

今回は、宝島社のムック本『Traditional Weatherwear 2020-2021 Autumn & Winter』の付録バッグをご紹介しました。

今回の付録バッグはかなりクオリティが高いので、早い段階で完全に売り切れてしまう心配も…!気になる方は、ぜひ販売店でチェックしてみてくださいね!

「#雑誌付録」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill エンタメ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録