ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いつもの卵焼きにプラスでもっと美味しくなる!卵焼きアレンジレシピ5選

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。ふっくら黄金色の卵焼き。お弁当に入っているとやっぱり嬉しいし、焼きたてのアツアツなのもおいしい。甘いのが好きと、出汁たっぷりが好きと、味の好みはいろいろですがですが、卵焼きはいつも身近にある人気者。もっと卵焼きを楽しみたいと思って、食材をちょっとプラスしたアレンジ卵焼きを作ってみました。味の変化も楽しく、お弁当にも朝ごはんにも、そして夜のおつまみにも重宝します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各10分

シンプルな卵焼き

アレンジ前にまずはシンプルな卵焼きから。白だしを使えば忙しい朝にも手軽に作れます。

材料(2人分)

卵 3個
A白だし 小さじ2
A水 大さじ2
A砂糖 大さじ1/2
サラダ油 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ混ぜ合わせる。泡立てないように白身を切るようにして混ぜる。

② Aの調味料を混ぜ、卵液に加えて混ぜる。

③ フライパンを火にかける。油を入れて馴染ませる。

④ 卵液の1/4〜1/3を入れて、半熟状になったら手前に巻いていく。

⑤ 焼いた卵を卵焼き器の奥に寄せ、残りの卵液を2〜3回に分けて流し、半熟のうちに手前に巻いていく。

火加減はやや強めの中火で作るとふっくらと焼けます。くっつかないように、途中で卵焼き器に油を塗りながら焼いてください。

明太しそチーズ巻き

豪快に明太子をどーんと巻いた卵焼きは、ボリュームたっぷり!ピリ辛明太と卵とチーズがいいハーモニーです。青じその代わりに焼きのりを使うのもおすすめです。

材料(2~3人分)

卵 3個(Sサイズ)
明太子 1/2腹
スライスチーズ 1枚
青じそ 4枚
A白だし 大さじ1/2
A水 大さじ1と1/2
サラダ油 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ混ぜ合わせる。泡立てないように白身を切るようにして混ぜる。

② Aの調味料を混ぜ、卵液に加えて混ぜる。

③ フライパンを火にかける。油を入れて馴染ませる。

④ 卵液の1/4〜1/3を入れて、半熟状になったら青じそと明太子を重ねてのせ、巻いていく。

⑤ 焼いた卵を卵焼き器の奥に寄せ、残りの卵液の1/2~1/3を流し、青じそとスライスチーズを重ねてのせて手前に巻き、残りの卵液も繰り返して焼く。

海苔チーズ巻き

スライスチーズと海苔を巻いた卵焼きは、切り口のぐるぐる模様も可愛く、チーズの塩気とコクも楽しめます。

卵焼き器に焼きのりとスライスチーズをのせて一緒に巻いていくだけ。温かいうちに切るとチーズが溶けて包丁にくっついてしまいますが、少し冷めてから切るときれいに切れます。

材料(2人分)

卵 3個
スライスチーズ 1~2枚
焼きのり 1枚
A白だし 小さじ2
A水 大さじ2
A砂糖 大さじ1/2
サラダ油 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ混ぜ合わせる。泡立てないように白身を切るようにして混ぜる。

② Aの調味料を混ぜ、卵液に加えて混ぜる。

③ フライパンを火にかける。油を入れて馴染ませる。

④ 焼きのりを卵焼き器のサイズに切る。

⑤ 卵液の1/4〜1/3を入れて、半熟状になったら焼きのりとチーズを重ねてのせ、巻いていく。

⑥ 焼いた卵を卵焼き器の奥に寄せ、残りの卵液の1/2~1/3を流し、焼きのりをのせて手前に巻き、繰り返して焼く。

釜揚げ桜えびと九条ネギ

桜えびの塩気と旨みたっぷりの卵焼きは、九条ネギと合わせて、色合いもふんわりと柔らか。桜えびの代わりに釜揚げしらすでもおいしいです。大根おろしを添えると立派な一品に。

材料(2人分)

卵 3個
釜揚げ桜えび 30g
九条ねぎ(葉ねぎ) 1/2本
A白だし 小さじ2
A水 大さじ2
サラダ油 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ混ぜ合わせる。泡立てないように白身を切るようにして混ぜる。

② Aの調味料を混ぜ、卵液に加えて混ぜる。釜揚げ桜えびと小口切りにした九条ネギを加えて混ぜる。

③ フライパンを火にかける。油を入れて馴染ませる。

④ 卵液の1/4〜1/3を入れて、熟状になったら手前に巻いていく。

⑤ 焼いた卵を卵焼き器の奥に寄せ、残りの卵液を2〜3回に分けて流し、半熟のうちに手前に巻いていく。

紅生姜と青のり巻き

刻んだ紅生姜と青のりの卵焼きは、紅生姜がピリッとアクセントになります。青のりの風味もマッチしておいしいですよ。

材料(2人分)

卵 3個
紅しょうが 10g
青のり 小さじ1
A白だし 小さじ2
A水 大さじ2
サラダ油 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ混ぜ合わせる。泡立てないように白身を切るようにして混ぜる。

② Aの調味料を混ぜ、卵液に加えて混ぜる。みじん切りにした紅しょうがと青のりを加えて混ぜる。

③ フライパンを火にかける。油を入れて馴染ませる。

④ 卵液の1/4〜1/3を入れて、熟状になったら手前に巻いていく。

⑤ 焼いた卵を卵焼き器の奥に寄せ、残りの卵液を2〜3回に分けて流し、半熟のうちに手前に巻いていく。

いろんな食材を加えても、優しく包み込んでくれる懐の深い卵焼き。いろいろな食材を加えて、いつもとひと味違う卵焼きも、ぜひ楽しんでください!

「#アレンジレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録