アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ハレの日に使える!簡単なのに凝ってる風の「おもてなしごはん」

  • 7210 views

年末年始やイベントなどの「ハレの日」に欠かせないちょっと特別な料理。でもそういった豪華なお料理は手間がかかりそう…と躊躇しちゃいますよね。そんな人必見!今回は、驚くほど簡単に出来るハレの日ごはんをご紹介致します。おせち料理にも合うし、おうち新年会にもオススメのレシピです。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各15~20分

素材に頼った紅白の縁起物!「ホタテのソテー」

ホタテはお刺身用の貝柱を使って、軽くソテーするだけです。豪華な素材と華やかな見た目に頼っているお祝い感のある一品ですよ。

材料(2人分)

ホタテの貝柱(刺身用)7~8個
いくら 適量
塩胡椒 少々
オリーブオイル 小さじ1

作り方

① ホタテは幅5mmくらいの格子状に、厚みの半分くらいまで切り込みを入れて、塩胡椒をふっておく。

② フライパンにオリーブオイルを入れて強火にし、切り込みを入れた方を下にしてホタテを入れて表面に焼き色が付いたら裏返してサッと焼いて火を止める。(中は生のままでOKです。)

③ ②の切り込み部分を上にして器に盛りつけていくらを好きなだけ乗せて出来上がり。

ホタテから少し水分が出てくるので片栗粉を薄くまぶしても良いかも…と思いましたが、素材の味を楽しみたいので(ラクをしたいというのもあります。笑)盛り付ける時にペーパータオルで軽く押さえています。

ほったらかしでOK!絶品ごちそうチャーシュー

イベントごとなどの華やかな食卓には「ごちそうお肉」が欠かせませんよね。

今回は、おせち料理の横に並んでもバッチリな王道の柔らかチャーシューのレシピをご紹介致します。

今までも、「オーブンに入れるだけのローストポーク」や、「フライパンで焼いて蒸すだけの簡単ローストポーク」のレシピをご紹介致しましたが、今回は物凄くしっとり柔らかな出来栄え!

しかも煮汁に浸してほったらかしておくだけで、味がどんどん染みて絶品チャーシューになりますよ。

材料(3~4人分)

豚肩ロースかたまり肉 400~500g(今回は400g使っています。)

【ゆで汁】
〇生姜チューブ 大さじ1/2
〇ねぎの青い部分 15cmくらい
〇酒 50ml
〇水 400ml

【甘辛つけ汁】
◎しょうゆ 100ml
◎砂糖 大さじ4

作り方

① フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚肉を入れたら全6面を焼き色がつくまで1~2分ずつ焼いていく。

② フライパンに出てくる脂はペーパータオルで拭いてとり、ゆで汁の材料〇を全部入れて蓋をし、弱火で30分程茹でて火を止めて、そのまま粗熱をとる。

③ 粗熱が取れたらネギは取り除き、豚肉は耐熱の保存袋に入れ、フライパンに残ったゆで汁に◎の甘辛つけ汁の材料を入れて煮立てる。

④ ③のつけ汁の火をとめたら豚肉をいれている保存袋に入れて(この時、ボウルなどに保存袋を入れておくとこぼれたり火傷したりしないので便利ですよ。)空気を抜いて密封する。

※この際、ゆで卵を一緒に入れておくと美味しい煮卵も同時に出来ます。

漬け込み時間は2時間以上~一晩置くと味がぐんぐん染みこみます。食べる時はお好みの厚さにカットして盛り付けて。

盛り付ける時は水菜やクレソンでも良いし、今回は白髪ねぎと大葉の千切り、チャーシューと一緒に漬けこんだ煮卵を添えています。

出来るまでの時間は少しかかるのですが、手がかかるのは豚肉を焼いている時間だけ!あとはほったらかしで出来ちゃいます。

また、冷蔵庫で3日間は保存可能なので、作り置きとして早めに作っておくと当日バタバタしないのでおすすめです。

おめでたい日に作りたいちょっと特別なお料理。

のんびり過ごしたい年始に気持ち的にラクに作れる簡単レシピなので、ぜひ作ってみておうちごはんを楽しんで下さいね。

「#おせち料理」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

yuki

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録