読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

装う知恵を ―通勤コーディネートの組み立て方―

40代が待っている!第四回目は、毎日の通勤コーディネートについて。一番大事なのは、その日の予定や会う相手にふさわしい装いをすること。そのためには、ワードローブが揃っているだけではだめ。muccoさんが提案するのは、週末に計画性と余裕をもって1週間分のコーディネートを考えることです。

このコラムにありがとう

目次

その他のコラムはこちら


好きなはずのシンプルベーシックが地味になってしまうあなたへ
今とこれからを大切に歩んでいる人にスタイルは宿る

通勤コーディネートは余裕のある週末に考える

通勤コーディネートのコツとは?

Q.毎朝、通勤コーディネートが決まらなくて、がっかりする日もしばしば。muccoさんは、いつ通勤コーディネートを考えていらっしゃるのですか?また、コーディネートを決めるうえでコツがありましたら教えてください。(20代後半・未婚・金融)

時間に余裕を持って、その日の予定にふさわしいコーディネートを

A.michill世代は、やりたいこともやらなければならないこともたくさん!前の日はシステムトラブルで残業、そして朝はいつもと変わらず6時に起きて8時半出社、朝一で他部署とのミーティングもある(ちょっと気になる先輩も参加♪)、あ~何着て行ったらいいの?

…これでは出勤前から疲れてしまいますよね。

どんなに素敵なワードローブが揃っていても、忙しい朝や前の晩に時間に追われながら考えるのでは、その日の予定にふさわしいコーディネートは難しいでしょう。前日のトラブルは予期せぬものですから仕方ないとして、他部署とのミーティングやクライアント訪問、仕事帰りのプライベートの予定などは、週が始まる前にわかっているものがほとんど。

私は時間に余裕のある週末に、5日分の予定に合わせたコーディネートをまとめて組み立てていました。1週間単位にすると、同じアイテムを週に2度着ること(私はこれが苦手)が防げますし、クリーニングに出したり、洗濯するタイミングもわかりますので、とても効率が良かったのです。

通勤コーディネート1週間(5日)分をまとめて組み立てる手順

1.週末に次の1週間(5日)分の仕事・プライベートでの大まかな予定を把握し、内容・場所・相手に合わせ、優先順位をつけます。

例として、私が米系金融情報会社でアナリストチームアシスタントをしていたころの予定を表にしてみました。

2.では、優先順位1からコーディネートを決めていきましょう。

洋服、アクセサリー、靴、ストッキングやタイツの色まで具体的にコーディネートできれば、なお良し。

3.優先順位1と同じにならないように、優先順位2を決めます。

気にならない人はかまいませんが、私は全く同じ通勤コーディネートを週に2回着ると、自分の余裕のなさを突き付けられたような気がしてモチベーションが下がるため、避けています。

4.同様に優先順位1、2とかぶらないよう優先順位3を決めましょう。

5.特に予定のない日は、会社のドレスコードの範囲内で天気予報に合わせ、着たいものをコーディネートします。

例えば、火曜日はチームミーティングがありますが普通のオフィスカジュアルでOK、木曜日は春らしい陽気になりそうなので新しく買ったスカートを履いてみようかな、など。

また、女性にとって気分はとても大事ですので、朝起きたときの気分で変更することもありました。ただし、時間に余裕がある時だけ。

6.コーディネートはなるべく前日の晩にストッキングまでセットし、用意しておきましょう。朝、慌てなくて済みます。

7. ここまで決まっていれば、急な予定が入っても大丈夫。別のワードローブで対応できます。イブニングドレスが必要であれば話は別ですが…。

8、優先順位をつけてコーディネートを組み立てると、自分のワードローブに足りないもの・不要なものがわかります。それに合わせてお買い物をしたり、不要なものを処分すれば、いわゆる「お気に入りだけのクローゼット」に変化していくでしょう。

9、私は自分のワードローブをほとんど把握しているため、日曜日の夜にお風呂にゆっくりつかりながら考え、コーディネートを記憶していました。慣れないうちはクローゼットの前でワードローブを見ながらコーディネートを組み立て、スマートフォンなどで写真にとったり、メモしましょう。

20代半ばで出会ったココ・シャネルの言葉に、こうあります。

「美しさは女性の“武器”であり、装いは“知恵”であり、謙虚さは“エレガント”である」

武器にできるほどの美しさは残念ながら持ち合わせず、謙虚さも加減が難しい。でも装う知恵ならば誰でも手に入れられるはず、と勇気づけられました。

ファッション業界で働く人を除き、職場はおしゃれするために行くところではありません。しかし、外見が与える印象が仕事や人間関係に大きく影響するのも事実。その日の予定や会う相手にふさわしい装いは、マナーであり、相手への敬意や思いやりです。

相手も喜びますし、それを見たあなたもうれしくなる。素敵なことだと思いませんか?

※装う知恵に興味のある方は、『ケチケチ贅沢主義』をぜひご一読ください。

前のコラムはこちら


好きなはずのシンプルベーシックが地味になってしまうあなたへ

執筆者:mucco

更新日:2017年2月22日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント