ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

スプーンを持つ手が止まらない!酸っぱさと辛さがクセになる!あったか酸辣湯

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。酸っぱくて辛い、中華のスープ酸辣湯(サンラータン)。とろりあつあつのスープを口に運ぶと、酸味の後にこしょうとラー油の辛みがピリッときて、レンゲを持つ手が止まらなくなってしまいます。今回は、家で作る酸辣湯をご紹介したいと思います。

目次

酸味と辛みがクセになる!酸辣湯(サンラータン)レシピ

酸っぱくて辛い、中華のスープ酸辣湯(サンラータン)。

私は辛いのも酸っぱいのも好きなので、酸辣湯や、麺の入った酸辣湯麺も、中華料理店にいくと頼みたくなるメニューのひとつです。

今回は、家で作る酸辣湯をご紹介します。

身近な食材だけで手軽にできますし、とろみをつけたスープは、寒い今の時期、体もぽかぽか温まるのでおすすめですよ。

材料(3~4人前)

豚ばら肉 100g
もやし 60g
細切りたけのこ 40g
しいたけ 2枚
生きくらげ 30g
えのきだけ 1/4袋
豆腐 1/2丁
卵 1個
葉ねぎ 1本(又は長ねぎ1/3本)
水 3カップ
ごま油 大さじ1/2
鶏がらスープの素 大さじ1と1/2
日本酒 大さじ1

A)醤油 大さじ1と1/2
A)酢 大さじ3
A)砂糖 小さじ1
A)ラー油 小さじ2
A)白こしょう 小さじ1/3〜1/2

片栗粉 大さじ1
塩 適量
ラー油 適量

材料をいろいろ用意しましたが、スープに入れる食材はあるものでOKです。

豚肉でなくてハムでも鶏でも良いし、野菜は小松菜やニンジンなど、冷蔵庫にあるもので。食材は多く使わなくてもおいしくできますが、卵は是非入れてください。

調味料として、鶏ガラスープの素、醤油、ほんの少し砂糖も使います。そして酸辣湯に欠かせないのが、酢とラー油と白こしょう。白こしょうはたっぷり入れるのがおすすめです。

酢は米酢など身近なものでもいいし、黒酢など酢の種類を変えてみると味わいに変化が出て面白いですよ。

作り方

① 豚ばら肉は細切りにする。しいたけ、きくらげは、石突きをとり薄切りにし、えのきだけは石突きをとり、半分に切る。ねぎは斜め切りにする。豆腐は軽く水切りし細長く切る。卵は溶きほぐす。

② 鍋にごま油を入れて豚ばら肉を炒める。日本酒、水、鶏がらスープの素を入れて、沸いてきたら、たけのこ、しいたけ、きくらげ、えのきだけ、ねぎ、もやしを入れて煮る。

③ 豆腐を入れて温まったらAの調味料をいれ、大さじ1~2の水で溶いた片栗粉を混ぜながら入れる。1~2分加熱してとろみをつける。

④ 卵をすこしづつ流し入れる。卵はよく溶いてすこしづつ回し入れると、ふわっと固まります。

⑤ ラー油を加え、塩気がたりなければ塩で味を調える。

食べる時に、好みで酢やラー油、こしょうを足して好みの酸味や辛みにしてください。とろみがあり、辛みもあるので、体が温まりますし、後味もさっぱり!クセになる味わいです。

今回のレシピは多めになっているので、少し濃いめの味に調え、中華麺を茹でて加えれば、酸辣湯麺になります。

とろみがあるスープが麺に絡んで、最後まであつあつのままおいしく食べられます。

酸っぱさと辛さに食が進み、クセになる味わいの酸辣湯。ぜひ、家でも楽しんでください。

「#おうち中華」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録