ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
オールドファッションドーナツ

お家で簡単!ザックザク食感が癖になる!フレーバーいろいろ「オールドファッションドーナツ」

みんな大好き!オールドファッションドーナツをお家で。ドーナツ専門店で買ってくるドーナツもいいものですが、家で揚げたての熱々を頬張る楽しさ、うれしさは、何にも変えがたいものです。フレーバーやデコレーションも、オリジナルを楽しんで、我が家だけのドーナツ作り、楽しみましょう!

目次

オールドファッションドーナツ

ドーナツ屋さんで、私的に外せないのは何と言っても「オールドファッション」。

あのザックザクの食感…、さらにチョコがかかった「チョコファッション」も大好き!

濃いめにいれたコーヒーと一緒に食べる美味しさと言ったらありませんよね。至福の時間…。

今回はそんなオールドファッションドーナツのレシピをご紹介。

小麦粉は、強力粉と薄力粉をダブルで使うので、ザクッと香ばしく、なかはしっとりとした食感のオールドファッション。

揚げたてはもちろん、冷めても表面はザックザクの香ばしさ!ぜひ作ってみてくださいね。

お家で作れば、トッピングやグレーズも自由自在。好きなフレーバーで楽しみましょう。

材料

・強力粉…115g
・薄力粉…115g
・ベーキングパウダー…4g
・バター(有塩)…30g
・グラニュー糖…70g
・卵…1個
・牛乳…大さじ3
・揚げ油…適量

作り方

① バター、卵は室温に戻しておきます。

② ボウルにバターを入れ、泡立て器でやわらかくなるまでよく混ぜます。グラニュー糖を2~3回に分けて加え、全体が白っぽくふわっとするまで混ぜましょう。

③ 卵を溶き、②のボウルに3回に分けて加え、その都度、よく混ぜます。

④ 強力粉、薄力粉、ベーキングパウダーをよく混ぜ、③のボウルにふるい入れます。ゴムべらで全体を切るようにしながらサックリ混ぜ合わせます。

⑤ 全体がポロポロとそぼろ状になったら、牛乳を加え、さらによく混ぜます。

⑥ 手でつかんでまとまるようになったら、手でギュッと押し付けるようにまとめます。

⑦ 約2cm厚さに平たく形をととのえ、ラップに包み、冷蔵庫で1時間寝かします。

⑧ 冷蔵庫から出し、生地を約1.5cm厚さに麺棒でのばします。

⑨ 生地をリング状に抜きます。あればドーナツ型で、なければコップやクッキー型などでも代用できます。

今回はお茶缶のふたとクッキー型を使ってみました。型に生地がくっつかないよう、強力粉を型につけてから抜いていきます。

余った生地はまとめて、また平たく約1.5cmの厚さに麺棒で伸ばします。こちらも型で抜きましょう。

⑩ ドーナツの輪のまん中に爪楊枝で軽くすじをつけます。これがザクッと香ばしい食感のドーナツに仕上げる大切なポイント。揚げた時にここから生地が割れ、おいしく揚がります。

⑪ 揚げ油を約170℃に熱し、ドーナツを揚げていきます。⑩ですじをつけた面が下になるように入れ、温度を170℃に保ちながら揚げ、おいしそうな色目がついたら裏返します。両面カリッと揚げましょう。

⑫ ペーパーにとり、油をよくきって、できあがり!

ドーナツをデコレーション!

そのまま揚げたてを頬ばっても美味しいドーナツですが、せっかくなのでデコレーションも!

チョコレートやナッツ、アイシングで飾って、お店では出会えない自分だけのフレーバーを楽しみましょう。

溶かしたビターチョコやホワイトチョコレートを塗ればチョコレートドーナツ。

さらに砕いたピスタチオやアーモンドをつけても美味!レモンアイシングや、蜂蜜味のアイシングもあいますよね。

ちなみに、このピンク色のドーナツは、いちごアイシング。いちごジャムと粉糖をあわせて作ります。粉糖にいちごジャムを少しずつ加えてとろっとしてきたらスプーンでかけてできあがり!

分量はジャムの種類にもよりますが、今回は粉糖12gにいちごジャムが3gでした。いちごが美味しい今の季節にぜひ!

ドーナツって、食べるのはもちろん、作るのも楽しくて…。この丸い輪っかの形が何とも心和ませてくれるのか、時折、無性に作りたくなるお菓子です。

ちなみにこのオールドファッションドーナツは、食べきれなかったら冷凍もOK!

我が家でもたくさん作って冷凍庫にストックして、おやつの時間に1個ずつ楽しんでいます。皆さんもぜひ作ってみてくださいね。

「#ドーナツ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

田中雪絵

広島の器と道具の店「LOUTO」店主/フリーランスエディター

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録