アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

あなたは大丈夫?部屋がカオスになるタイプは大きく3パターン!

世はシンプルライフ戦国時代、まだまだ根強い断捨離ブーム!カオスにならないように気をつけてるつもりなんだけど、全然物減らへんやんなんて不平不満の皆様。手に入れる→手ばなすを繰り返せばものに溢れることなんてないハズなのですが…。もしかしたらこの3タイプのどれかに当てはまってないかい?

目次

①かも系タイプ

今は不要でも「いつか使うかも」
使わなくなっても「誰かが欲しがるかも」
この「かも」が曲者ですよ。
「使えるもの」と「使ってるもの」は言葉は酷似してても全くの別物。
故障なしの可動品の「使えるもの」でも、登場がないなら不要品の可能性大の大の大。
まだ使えるからって置いてたらあっという間にものにまみれます。
排出されないパイプは詰まったまま!
「かも」は自分の都合のいいようにだけとらえないで
「いつまでも使わないかも」「誰も使わないかも」なんて方向にも「かも」を当てはめてみよう。

②くれ系タイプ

貰えるものはなんでももらうわ。損得勘定の得にアンテナが過剰反応。
これいる?ってい言われたら内容も見ずに「いただきます〜」と二つ返事
タダでもらえるものは得するものばっかりじゃなくてよ。
いただきものはただでさえ手ばなしにくかったりするもんね。
そして、ものをあげる人って引き取ってくれるひとをきちんと選んで声をかけてるもんです。
なんでももらってくれるあなたは、人の要らないものまで引き受けてる可能大の大の大。
インプットしたらアウトプットせねばです。もらうのならば使うものを厳選して消費しましょう。

③ぱなし系タイプ

ものは多くないんだけど、ものをしまうことが出来ないのよね。
ぱなしちゃんは片付け苦手っ子。もしかしたら収納方法が難しいのではないでしょうか。
やりっぱなしや使いっぱなしにはパターンがある。
元に戻せないものはいつも同じものじゃないかしら?
リモコンがいつも定位置に戻せなくて毎夜迷子になる!上着をクローゼットまで戻せない!本は床に積んじゃう!毎日カオスになるのがおんなじパターン、おんなじものならば、片付けシステムを見直してみよう。
リモコンは特別にどこかにしまわないでテーブルの上に置いたら片付け完了にしませんか。
上着をハンガーにかけてクローゼットに戻せないなら玄関やリビングにS字フックを使って、服を掛けたら片付け完了にしませんか。
本が戻せないなら、使っていないバッグを読みかけバッグにして中に入れたら片付け完了にしませんか。片付けは10人いれば10通り、それぞれのやり方でいいのです。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

阪口ゆうこ

ミニマリスト、整えアドバイザー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録