アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

プロが教える!ベランダを少量の水でキレイにする方法

ベランダの汚れが気になり掃除したいけど、大量の水を使ってゴシゴシ洗うとご近所さんに迷惑になるので洗えない…そんなお悩みを解決する、一番簡単で水を少量しか使わないベランダのお掃除テクをご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ベランダが汚れる原因は?

ベランダの汚れの大半が、砂ぼこり・落ち葉・髪の毛など。乾いた汚れが多い場所ですが、雨が降ると泥汚れに変化してしまい手ごわい汚れに…。掃除の基本は「乾いた汚れは乾いたうちに取り除く」。ベランダ掃除は、晴れた日に取り掛かるのが大正解です。

ベランダ掃除で用意するもの

・ほうき
・ちり取り
・デッキブラシ
・割りばし
・ビニール袋
・お湯
・バケツorポットなど
(洗剤は使用しません!)

ほうきで壁も床も掃き掃除!

ベランダの汚れが気になるからと言って、いきなり水を流すのはNG。しつこい泥汚れになってしまします。
まずは、ほうきで壁と床の掃き掃除をしましょう♪

ベランダの壁には、クモの巣や砂ほこりなどがいっぱい。しかし、乾いている汚れなのでほうきを使って「上から下」に掃除するだけでOK。これだけで、壁が明るくなりますよ。その後、床のホコリやごみを掃き掃除すると、2度手間も無くスムーズにお掃除できます(ほうきは、乾いていて汚れを落とした状態で使用してくださいね)。

排水溝周り汚れは、割りばしで取り除く

ベランダの排水溝周りは、ホコリや髪の毛などが絡みお団子状態に…しかも、ガチガチに固まっていることも。そんな時は、割りばしでかき出すと簡単に汚れを取ることができます。先が斜めにカットされているコンビニのお箸が使いやすいですよ。ここの汚れは、水はけに影響しますのでこまめにお掃除してくださいね。

床の黒ずみはお湯で磨く

今回は洗剤を使いません!理由は、洗剤を使うとすすぐ水が大量にいるから。使うのは「60℃のお湯」給湯器を60℃設定にすれば準備OKです。
そのお湯を、気になる黒ずみにそっと少量かけます。お湯で汚れが浮くので、ブラシでこすると簡単に汚れが落ちますよ!溝などの細かい部分は、割りばしを使いこするとキレイになります。最後に、全体をすすいで終了です。

なぜ、お湯でキレイになるの?

ベランダの汚れの中心は砂ぼこり・落ち葉・髪の毛など、乾いた汚れ。油を含まない汚れは洗剤無しで、汚れを落とすことが出来る場合が多いです。特にベランダは、砂ぼこりが中心なので、お湯だけで十分キレイになります。お水を使うより、お湯のほうがかなり早くキレイになるので時間とお水の節約になります。

ベランダ掃除は、水よりお湯を使って簡単キレイに

掃き掃除⇒お湯でブラシ⇒すすぎ
この流れだと、かなり少量のお水でキレイになります。

ブラシがない場合…不要になったデニムを10㎝程度にカットして、お湯で湿らせ汚れをこすると落ちます♪ぜひ、晴れて暖かい季節にベランダのお掃除してくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■放っておくだけでピカピカに!︎ズボラさんにオススメお掃除方法
■お掃除がもっと楽しくなる♪ナチュラルキッチン優秀掃除グッズ
■バスルームの気になるカルキ汚れ!掃除方法と予防対策
■お風呂とキッチンのお掃除が楽になる!ステンレスの便利グッズ
■ベランダガーデニングで見て楽しい、食べておいしいハーブライフ


執筆者:山崎由香



14

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録