ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ネコ好きとネコ嫌い

ネコ好きとネコ嫌い

妻は大の猫好き。夫は筋金入りの猫嫌い。猫カフェも、ペットショップを横切るのもダメ。しかし、今や猫2匹の世話を率先してやってくれる夫。夫が、猫嫌いを克服した理由とは…?

目次

私は猫好き

私は物心ついた時から、猫と一緒に生活していました。猫がいるのが当たり前の生活で、一緒に遊んだり、一緒に寝たりするのが、何よりの癒しでした。

大学生時代は、猫を飼えない環境にいたため、定期的に猫カフェに足を運ぶほど、猫が大好きでした。

夫は猫嫌い

一方、夫の雪さんは猫が嫌いです。

雪さんは、幼い頃三毛猫の「ポン」を飼っていました。しかしポンは、雪さんの祖父にしか懐いておらず、祖父以外の家族があまり好きではなかったようです。小学1年生の時に、めずらしくポンが足にすり寄ってきたので、撫でようとすると、強烈な猫パンチがとんできました。もちろん手は血だらけ。

それ以降、雪さんは、猫はもとより動物全般受け付けなくなってしまったそうです。

夫が猫嫌いを克服

私と出会ってからも猫嫌いが治る事はなく、猫カフェもペットショップの中を歩くことでさえ、拒否されていました。

では、なぜ雪さんは猫嫌いを克服できたのか。

それは、私の祖母の家で飼っている茶トラの「ピーコ」のお陰なのです。

雪さんとお付き合いをしていた時、よく2人で祖母のお家に遊びに行ってました。みんなで団欒をしていると、ピーコは必ずその部屋に入ってきました。

その時、雪さんはいつもピーコと距離をとっていましたが、ついにピーコの方から行動にでました。

ピーコはお客さんが大好きで、来客があるたび抱っこをせがんでいた様ですが、雪さんの膝に乗りたがるとは思ってもみませんでした。

最初は引いていた雪さんでしたが、逃げるに逃げられず、そのままピーコを抱っこする羽目に…。しかし、ピーコの人懐っこさ、おおらかさが可愛かったようで、この後もずっと膝の上で抱っこしていました。

猫好きへと変化した夫は…

この一件以降、猫が嫌いと言っていた雪さんでしたが、案外すんなりと猫を受け入れるようになり、画像検索で猫の写真を見るほどにまでなっていました。

思いがけない形で猫嫌いを克服でき、今では私に負けないくらいの猫好きになっています。

人は、何がきっかけで、苦手を克服できるかわかりませんね。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録