美容ライターが本気で選びました!お値段別「マイベストコスメ」~アイシャドウ編~

更新日:2021年8月5日 / 公開日:2021年8月5日

美容ライターの遠藤幸子です。数多くある名品コスメの中から、予算に合わせて少しでもベストな買い物がしたいという方は多いのではないでしょうか。美容ライターの筆者が価格別にマイベストコスメをご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。今回は、アイシャドウ編です。

3,000円未満のベストアイシャドウ

コスメデコルテ アイグロウ ジェム #BE 387(税込2,970円)

40歳を過ぎてから、最も使用率が高いアイシャドウの色はベージュになりました。

ベージュのアイシャドウは一見地味で脇役に落ち着きそうな立ち位置ではありますが、実はとても万能です。

まず相性のいい色が豊富なこと。そして、脇役に回れるからこそカラーライナーで遊ぶメイクを自由に楽しむことができます。

単色でも簡単に立体感が出て、色を重ねるだけで華やかな雰囲気にもなれるのがこちらのアイシャドウです。アイシャドウ選びに迷った時、絶対に綺麗をキープしたい時、メイクの崩れがいつも以上に許されない時などに必ず手が伸びます。

まぶたにしっかりフィットして崩れにくく、二重の溝に埋まらない優秀さには絶大な信頼を寄せています。

#BE 387はオレンジ寄りのベージュがしっかり発色するので、くすみがちなまぶたもコンシーラーなしで明るく彩ってくれます。指でポンポン塗っておしまいなので時短メイクにもおすすめです。

3,000円以上5000円未満のベストアイシャドウ

エレガンス アルモニーアイズ #02(税込3,850円)

筆者のメイクのテーマはいつも「品よく3割増で美人に見える」。そのテーマをこの価格で叶えてくれるのがこちらのアイシャドウです。

#02は、落ち着いた印象のオレンジブラウン。まぶたに温もりと深みを与えながらも、透明感とツヤで華やかかつピュアな印象の眼差しに仕上がります。

数多くある筆者のコレクションの中でも出番が多く、ここぞという時には必ず纏うお気に入りのアイシャドウです。

5,000円以上10,000円未満のベストアイシャドウ

スック シグニチャー カラー アイズ #04 純撫子(税込7,700円)

※パレット左上のカラーから時計回り

スックのアイシャドウの魅力は上質な粉質と和を感じさせる色、必ず上品な眼差しに仕上がるところにあると筆者は考えます。

このアイシャドウのまさにそんな商品で、しっとりとした粉が見たままの色に発色し、終日くすむことなくまぶたを彩ってくれます。煌めきも繊細で美しく年齢を重ねたまぶたのアラを悪目立ちさせることもありません。

#04 純撫子は黄みを帯びたピンクが肌によくなじみつつも、フェミニンで柔和な眼差しに仕上がります。

10,000円以上のベストアイシャドウ

トム フォード ビューティー アイ カラー クォード #03A ボディヒート(税込10,340円)

 

パレット左上のカラーから時計回りにシアースパークル、サテン、シマー、マットという、質感が異なる4色を重ねることでナチュラルメイクからパーティーメイクまで幅広いアイメイクを叶えるアイシャドウパレットです。

粉飛びしにくいことはもちろんのこと、見たままの色に発色しその美しい色合いが長持ちすることに加え、繊細な煌めきで上質で品のいい眼差しに仕上がります。

複数色使用してきた筆者が今最も気に入っているのが、#03A ボディヒート。イエベの筆者の肌によくなじみながら目元に温もりと色気を添えてくれる赤みブラウンで、大人可愛い雰囲気にも仕上げることができます。

いかがでしたでしょうか。今回は、美容ライターの筆者が価格別にマイベストコスメをご紹介しました。

気になる商品があればこの機会にぜひお試しください。

※記事内の商品価格は筆者購入時のものです。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録