ワンポイント刺繍のやり方を紹介♡かわいいマークを簡単に

子どもの持ち物って、保育園や幼稚園では全員同じ物を身につけたりするので、見分ける事が大変ですよね。そんな時、持ち物にちょっとマークを刺繍しておくと、見分けがつきやすくオリジナリティも出せる!今回は、意外と簡単に出来ちゃうワンポイントのマーク刺繍を、ハンドメイド作家の橘亜弥さんが教えてくれました♪

この記事を試すのにかかる値段)

  • ・刺繍針 108円(税込)
  • ・好きな色の刺繍糸 108円(税込)
  • ・刺繍枠 108円(税込)
  • ・下書き用のペン 410円(税込)
  • 合計金額734円(税込)

※2017年3月時点

ワンポイントマークの刺繍

こんにちは!ハンドメイド刺繍作家の橘亜弥です。

前回のお名前付けでマークの刺繍が出て来たので、今回は意外と簡単に出来ちゃうワンポイントのマーク刺繍、女の子編をご紹介いたします。

どうせ汚れる子どもの物ですが、「少しでもかわいく実用的に!」という時は、刺繍の出番です。

保育園や幼稚園では、全員同じ帽子を被ったり、持ち物も同じような物が沢山!見分ける事や、オリジナリティを出すのも少し大変ですよね。

そんな時、持ち物にちょこっとマークを刺繍しておくと、子どもも自分の物がわかりやすく、先生たちにもすぐに見つけてもらえると思います!

子どもの物に限らず、ご自身のバッグやランチョンマットなどなど、生活の中で色々な使い方が出来ますよ♪

用意する物

・刺繍針
・好きな色の刺繍糸
・下書き用のペン
・刺繍枠
・刺繍する物

刺繍針、刺繍糸、刺繍枠は100均で揃います。下書き用のペンは手芸用の、時間が経てば消えるタイプです。

今回は、刺繍枠を使用します。枠を使う事で布をピンと張る事が出来て、刺繍がやりやすくなりますよ。

刺繍したい物や場所によっては枠が使えない場合もありますので、その場合は手で押さえながら刺して下さいね。

ステッチ(刺し方)の種類

まずは、マークを刺繍する際に使うステッチの種類をご紹介しますね。以下のステッチを組み合わせて刺していきます。

・ストレートステッチ

真っすぐ一目刺す刺し方です。

・アウトラインステッチ

最初に布の裏から出し、直線で一目刺して、もう一度裏から出した所で半分戻ります。一針先に出して半分戻る、を繰り返します。

・チェーンステッチ

裏から出した糸のそばに針を刺し、針先に糸をかけます。3出と同じ場所から4入りでもう一度針を刺し、針先に糸をかける、を繰り返します。

・フレンチノット・ステッチ

針を裏から出し、針に二回糸を巻きます。出した糸のすぐそばに針を刺し、玉が出来るように抑えながら針を入れ込みます。

・サテンステッチ

埋めたい面に糸を平行にして埋めていきます。

以上が、今回の刺繍に使うステッチです。このステッチを使えば、自分で書いた絵も刺繍出来ます!

それでは、実際にいくつかのマークを刺繍してみます!

さくらんぼのマーク

全て、刺繍糸二本で刺す二本取りです。

まず、刺繍したい物に下書きをしましょう。

さくらんぼの柄の部分をアウトラインステッチで刺します。

葉と実をサテンステッチで刺します。

ひと手間かかりますが、アウトラインステッチで一度囲ってから、サテンステッチで埋めていくと、よりキレイに出来ますよ。

さくらんぼの完成です!簡単~!

うさぎのマーク

全て二本取り

まずは下書きをします。

チェーンステッチで周りをぐるっと囲みました。

このまま目と鼻を刺繍しても十分うさぎなので、これだと一瞬で完成です!

続けて埋めてみますね。夜になって画像の色が変わってしまいましたが…同じ布に同じ色で縫っています。

そのままチェーンステッチでぐるぐると埋めていきます。

埋まりました。当然の事ながら、目と鼻の下書きが消えました。

このような場合は、下書きの時点で写真を撮っておくと、照らし合わせて消えてしまった部分を刺す事が出来ますよ。

消えるペンで刺繍糸の上から直に書いてもOKです!

うさぎの目をフレンチノット・ステッチで、鼻をサテンステッチで刺して出来上がり!

埋めるのが少々手間ですが、そこは省いても形になりますし、小さいマークになるほど手数が減ります。

お花のマーク

下書きです。下書き、ちょっと雑ですね…。でも消えるペンは、こういう時でも強気でいけるのでおススメですよ!

茎と葉をチェーンステッチで刺しました。アウトラインステッチとサテンステッチでもいいと思いますので、お好みでどうぞ!

中心部をストレートステッチで。

周りをチェーンステッチで、ぐるぐると三周して完成~です!

ちなみに前回のタオルにつけたお花は小さかったので、花びらはチェーンステッチ一周のみです。簡単です!

今回は3つの図案をご紹介しましたが、それぞれのステッチを組み合わせる事で、どんな図柄も縫えるので無限大です!

女の子編としましたが、うさぎさん大好きな男の子にも、もちろん刺繍してあげて下さい♪

バッグに、帽子に、タオルにエプロン…自分だけのマークが刺繍してあると、特別感も愛着もわきますね♪

是非、お試し下さい!


執筆者:橘亜弥

更新日:2017年2月28日
公開日:2017年2月28日

新着記事

ログイン・無料会員登録