コースターに刺繍♪作り方を紹介!簡単ワンポイントでオシャレに

簡単ワンポイントでオシャレに見える、春らしいカモミールの刺繍コースター。ティータイムにテーブルの上にあるとうれしい、コースター刺繍にチャレンジします。カモミールは1輪だけでも、もう少し足してもお好みで表情が変わりますよ♪ハンドメイド作家の橘亜弥さんが教えてくれる好評コラム

この記事を試すのにかかる値段

  • ・刺繍針 108円(税込)
  • ・好きな色の刺繍糸 108円(税込)
  • ・下書き用のペン 410円(税込)
  • ・コースター 108円(税込)
  • 合計金額 734円(税込)

※2017年3月時点

コースターにカモミールの刺繍

こんにちは!ハンドメイド刺繍作家の橘亜弥です。

3月も後半ですね。別れがあったり、4月からは新しい出会いがある方も多いと思います。

お世話になった方や新しく出会った方と、いつもよりゆっくりお話しを…と、ご自宅でちょっとお茶をするシチュエーションも増える季節ですね。

そこで簡単ワンポイントでオシャレに見える、春らしいカモミールの刺繍コースターをご紹介致します♪

用意する物

・刺繍針
・白・黄色・緑の刺繍糸
・下書き用のペン
・コースター

下書き用のペンは、手芸用の時間が経てば消えるタイプです。

ステッチ(刺し方)の種類

まずは、マークを刺繍する際に使うステッチの種類をご紹介しますね。以下のステッチを組み合わせて刺していきます。

・アウトラインステッチ

最初に布の裏から出し、直線で一目刺して、もう一度裏から出した所で半分戻ります。一針先に出して、半分戻るを繰り返します。

・サテンステッチ

埋めたい面に、糸を平行にして埋めていきます。

・レイジーデイジー・ステッチ

1出で出した糸のそばに、2入で刺し針先に糸をかけ、4入でループの先を留めるように針を刺します。

・ストレートステッチ

一針で刺すステッチです。

以上が、今回の刺繍に使うステッチです。

刺繍の仕方

◆コースターに下書きをします。

2輪描きましたが、1輪だけでも素敵だと思います。花びらの部分は、対角線上に描いていくとバランスよく描けますよ。

◆花の中心部分をサテンステッチで

最初にお花の中心部を黄色の刺繍糸で、サテンステッチで埋めます。

◆花びらをレイジーデイジー・ステッチで

花びらをレイジーデイジー・ステッチでぐるっと囲みます。細かく見えますが、レイジーデイジー・ステッチを繰り返すだけなので簡単です!

◆茎と葉をアウトラインステッチとストレートステッチで~1

茎をアウトラインステッチで刺します。小さな葉は、ストレートステッチで互い違いになるように刺しましょう。

◆もう1輪の中心部をサテンステッチで

次の花も中心部をサテンステッチで埋めます。

◆下半分の花びらをレイジーデイジー・ステッチで

もう1輪は、下半分だけ花びらを刺していきます。カモミールらしさが出ますよ。

◆茎と葉をアウトラインステッチとストレートステッチで~2

また茎をアウトラインステッチ、小さな葉をストレートステッチで刺します。

バランスを見て葉を足しました。完成です!

1輪だけでも、もう少し足してもお好みで表情が変わると思います。

ランチョンマットに刺してみてもいいですよね。

ご家族、ご友人との食卓やティータイムがちょっぴり春らしく華やかになります♪新たに知り合った方との話題にも!

是非、お試し下さい♪


執筆者:橘亜弥

更新日:2017年3月28日
公開日:2017年3月28日

新着記事

ログイン・無料会員登録