ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ハンガーにかかった洋服 画像

夏服しまうのちょっと待って!もっと収納が楽になる!片付けのプロが衣替えでやってる3つのこと

整理収納アドバイザーのむらさきすいこです。季節は秋を迎えて、半そでの洋服の出番がなくなりつつありますよね。みなさんは毎年、なんとなく夏服を保管していませんか?今回は、整理収納アドバイザーの私が「季節の変わり目にしている3つのこと」をご紹介します。

目次

1.来年も着たい洋服を選んでから保管

持っている夏の洋服をすべて出して、コンディションをチェックしてみましょう。

汚れやほつれ、色あせなど劣化の目立つものは手放します。そして、「今年着た洋服」「出番がなかった洋服」に分けてみましょう。

今年着たもので、来年も着たいと思えるものは保管を。

出番がなかったものは、来年こそは着たいと思えるものだけを「厳選」して残しましょう。2年間出番がなかったものは、手放す対象に入れてみてください。

季節の終わりになんとなく洋服を保管していませんか?

洋服の状態をチェックして来年も着たいものを選び取ると、クローゼットがパンパンになるのを防ぐことができますよ。

2.靴のコンディションをチェック

洋服と同様、サンダルなど夏に履く靴をすべて出してみましょう。

かかとの擦り減りや傷の有無を確認し、手放すものを決めます。

来年まで残す靴は、しっかりとお手入れを。私は、ブラシで汚れを落とし、素肌の当たる部分や靴底の汚れをしっかりと拭き取ってからシューズクローゼットにしまっています。

そうすることで、清潔に保管ができて来年も気持ちよく履くことができます。

季節の変わり目に靴のコンディションをチェックすると、靴の所有数がわかり、出番のなかったものが明確になるメリットもありますよ。

3.取り出しやすい場所に入れ替え

洋服と靴の見直しをしたら、ぜひ収納場所を入れ替えてみてください。オンシーズンのものを「胸~腰高」「クローゼットの手前」「引き出しの手前」などの取り出しやすい場所へ。

オフシーズンのものは「下あるいは上」「クローゼットの奥」「引き出しの奥」などの取り出しにくい場所へ移動させてみてください。

そうすると、洋服や靴を取り出す際に背伸びしたりかがんだりせず、スムーズに支度をすることができるようになります。

いかがでしたか?季節の変わり目に衣類や靴のコンディションをチェックすると、手放すものが明確になります。不要なものを溜め込まないためにも、ぜひ季節の終わりには「着たかどうか」「使ったかどうか」を振り返る機会を作ってみてくださいね。

好きなものを選び取ってきちんと手入れをすることで、また来シーズンに気持ちよく着用できるようになりますよ!

「#衣替え」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■家事の効率はもっとアップする!「食器の整理収納法」を片づけのプロが教えます!
■整理収納アドバイザーがやってる!ここまでスッキリ片づけられる「バッグ収納術」
■整理収納アドバイザーが教える!キレイで使いやすい洗面所のキープ術


/

この記事の著者

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録