ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

秋の味覚を満喫!塩こんぶときのこバターの炊き込みごはん

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。お米もキノコも美味しい季節に、ぴったりな炊き込みご飯!味付けは、旨みが詰まった塩昆布にお任せなので、楽ちんです。3種のキノコとバターの風味が食欲そそる、手軽で頑張りすぎないレシピをご紹介します。鍋でも炊飯器でも作れます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約30分(浸水時間は除く。炊飯器約60分)

塩昆布とキノコバターの炊き込みご飯のレシピ

共通材料(3~4人分)

・お米…2合
・舞茸…1/2株(100g)
・ぶなしめじ…1/2株(100g)
・しいたけ…3枚
・塩昆布…25g
・有塩バター…20g
・水…380ml
・青ネギ…適量(お好みで)

下準備

・お米は洗って、30分ほど水に浸ける。浸水出来たら、ザルにあげて水を切る。(半透明のお米の粒が、白っぽくなったら浸水できた印です。)
・舞茸とぶなしめじは、石づきを切り落とし、食べやすい大きさに手で裂く。しいたけは3~4mmの薄切りにする。

作り方(鍋)

① 鍋にお米を入れたら、舞茸、ぶなしめじ、しいたけを広げて乗せる。

② その上に、塩昆布を乗せたら、水を注ぐ。

③ フタをせずに火を点け、沸々してきたら、鍋底を返すように2回ほど混ぜる。

④ ぴったりとフタをして、弱火で10分炊く。

⑤ そのまま10分蒸らす。

⑥ 有塩バターを加えて、混ぜる。

⑦ 器に盛り、小口切りにした青ネギを散らして、出来上がり。

作り方(炊飯器)

① 内釜に米を入れたら、舞茸、ぶなしめじ、しいたけを広げて乗せる。

② その上に、塩昆布を乗せたら、2合のメモリまで水を注ぐ。

③ 普通炊きで炊き、炊けたら有塩バターを混ぜる。

④ 器に盛り、小口切りにした青ネギを散らして、出来上がり。

更に美味しく!3つの裏技

塩昆布とキノコのシンプルな炊き込みご飯だからこそ、もっと美味しく食べたい!

そんな時に役立つ、3つの技をご紹介します。

①キノコを干す。
キノコを日当たりが良く、風通しの良い場所に2~3時間干します。キノコの成分が変化し、栄養価もアップ!
旨みも凝縮されます。すぐ使う時に、少し干すだけで、美味しさが増します。

②みりんを入れる。
お米2合に対し、みりん小さじ1~2を加えて、そのまま炊きます。糖分が入っているため、ほんのりした甘みとコクが増し、ふっくらと炊きあがります。
使用するときは、本みりんを使って下さい。

③もち米を加える。
お米2合に対し、もち米大さじ1を、お米と入れ替えます。もっちりとした食感が加わり、味に深みが出ます。

お米もキノコも美味しい季節です。

味付けも塩昆布ひとつなので、ぜひ、「塩昆布とキノコバターの炊き込みご飯」を作ってみて下さいね!

「#秋の味覚」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録