ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
CELFORD ROUND QUILTING BAG BOOK

完全に付録の域超えてきた!秋冬ファッションを格上げしてくれる「黒バッグ」が登場!

宝島社の編集部員が、実際に自分の愛用中&お気に入りのムックについて、ご紹介させていただくこの企画。本日はこれからの季節にピッタリ♡ 超高見えキルティングバッグをご紹介します。

目次

用途やシーンで使い分けて!2種同時発売

発売情報

「CELFORD ROUND QUILTING BAG BOOK」

発売日:2021年9月3日
特別定価:2,490円(税込)
特別付録:CELFORD[セルフォード]ROUND QUILTING BAG
サイズ(約):W19.5×H18×D18cm

「CELFORD 2WAY QUILTING BAG BOOK」

発売日:2021年9月3日
特別定価:2,690 円(税込)
特別付録:CELFORD[セルフォード]2WAY QUILTING BAG
サイズ(約):W44.5[最大]×H26×D16.5cm

※バッグ以外は商品に含まれません
※ご使用のパソコンのモニターやスマートフォンの画面によっては、商品の色合いが、画面表示上のものと現物で異なる場合があります

夏が終わり、少しずつ肌寒くなってきました…!これからの季節にピッタリ♡上品で上質なキルティングバッグを作りました。

より多くの方に使っていただきたくて、サイズ&デザイン違いで2種お作りしています。

何度もサンプルを作り直してできた自信作。丸みシルエットと、定番トート型、どちらがお好みですか?

ころんとしたフォルムが、逆にスタイルアップ効果大!


まずは、細部まで計算された大人フェミニンバッグ「CELFORD ROUND QUILTING BAG BOOK」をご紹介。

ころんとした可愛らしい見た目にもかかわらず、実はたっぷり容量!デザイン性と実用性を両立させたこだわりのアイテムとなっています。

①ブランドで人気のキルティング柄
②柔らかくて軽いふわふわの持ち手
③長くてつまみやすいファスナートップ
④荷物を出し入れしやすいガバッと開く口
⑤ブランドネーム付き内ポケット
⑥長財布や折りたたみ傘も入る容量約10L

コロンとしたフォルムなのですが、持ってみるとびっくり。バッグの立体感のおかげで、コーディネートはスタイルアップしちゃうんです。

このスタイルアップマジックは、是非是非体験してみてください!

オン/オフ兼用上品トート


次に、オン・オフ使えるレディのための極上バッグ「CELFORD 2WAY QUILTING BAG BOOK」をご紹介。

ノートPCや大判雑誌も入るので、荷物が多いときにオススメです。

 

①ブランドで人気のキルティング柄
②中身を隠せるファスナー付き上ぶた
③ブランドネーム付き内ポケット
④中のリボンを結ぶとフォルムを変えられる
⑤中のリボンを外に出してもおしゃれ
⑥軽くて持ちやすい重さ約190g
⑦大判雑誌も入る約15Lの大容量

やっぱり持ちやすい、定番のトートバッグデザイン。肩掛けできるので、荷物が多い日にも便利。

ツヤのある素材を使っているので、お仕事シーンにも使えそう。

実際に使ってみました!

「CELFORD ROUND QUILTING BAG BOOK」

モデル身長:160cm台

ころんとした可愛らしい見た目が印象的なラウンドキルティングバッグは、華やかなジャカードスカートと透け感のあるトップスを合わせて“大人可愛い”コーデを楽しんで。

モデル身長:160cm台

大人っぽくまとめたいときは、モノトーンのアイテムを取り入れてみて。ハイウエストで切り返しのあるワンピースはスタイルアップ効果も◎

カジュアルなコーディネートに、品を足すことも◎

モデル身長:153cm

光沢ある生地と、洒落感のあるフォルムで、コーディネートを格上げしてくれます。

「CELFORD 2WAY QUILTING BAG BOOK」

モデル身長:160cm台

女性らしいコーデにしたいときは、1枚でキマるワンピースがオススメ。バッグのカラーが黒なので柄のあるアイテムとも相性ばっちり。

モデル身長:160cm台

上品なレースワンピースと合わせると、フォーマルな場所でも使えるコーデに。パンプスをグレーにすることで重たくなりすぎず、優しい印象に。

ご紹介したキルティングバッグは、全国の書店・ネット書店で発売中!もちろん宝島チャンネルでも購入可能です。ぜひチェックしてみてください♡

編集部のSNAPインスタ始めました
このコーディネートや、編集部員のリアルユーズ付録たちを、スナップにて紹介しています。@multimedia_tkj_snapをぜひチェック&フォローお願いします!


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

宝島社マルチメディア編集部エディターズ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録