アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

規格外食材を活用したアップサイクルペットフード「Picnic」が誕生!

目次


南町田を拠点にコミュニティスペース運営、イベント企画を手掛けるDaccoDay。

同社は近隣の豆腐店や農家と協力し、廃棄されがちな規格外食材を新鮮な内にペットのおやつに加工。フードロス解消を目指す、アップサイクルペットフード「Picnic(ピクニック)」の販売をスタートした。

廃棄されがちな“でこぼこ食材”を使用


「Picnic」は卵、乳製品、砂糖、塩、その他添加物が一切使われていない。主な材料は、おから、米粉、米ぬか、米麹甘酒、米油が使用されたペットフードだ。


材料のおからは豆腐の副産物であり、毎日大量にでき、賞味期限も短いため産業廃棄物として処理されることも少なくない。


また、フレーバーの野菜や果物は、近隣の農家で大きさや形、キズなどにより販売機会を失いがちな食材が使われている。

同商品は、無農薬、無添加にこだわって手間ひまかけて作られる食材が規格外というだけで廃棄されるのを防ぐため、新鮮な内に粉末化することで、製造スケジュールと鮮度のズレをなくし、余すことなく使用できるようにされている。

獣医師監修の安心安全なクッキー

同商品は、大切なペットを傷つけないよう、丸呑みされない硬さ、喉を詰まらせない大きさや形について南町田ペットクリニックの獣医師・小笠原静香氏の監修を受けている。

また、製造場所のコワーキング喫茶cosoadotは、人用の菓子製造許可を取得したシェアキッチンで、多くの料理家に愛用されている環境。新たに農林水産省「愛がん動物用飼料製造許可」も取得したとのこと。

ペットフレンドリータウン「南町田」

東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅周辺は、複合商業施設グランベリーパークが、ペット連れでも回遊しやすいよう、1Fはペット同伴可で、足洗いスポットや給水場所が設けられている。他にも隣接する鶴間公園は、広大な敷地に境川添いの遊歩道もあり、散歩スポットとして多くのペット愛好家に利用されている。

「Picnic」は、ペットフレンドリータウン南町田で生まれた名産品になれるよう、近隣のペットショップや動物病院と連携をしていくという。

「Picnic」の購入は、南町田ペットクリニック、武相動物病院、なないろ畑 直売(毎週日曜日 鶴間公園ほか)、コワーキング喫茶cosoadot、「Picnic」WEBショップにて。

規格外食材を活用したアップサイクルペットフード「Picnic」をこの機会にチェックしてみて。

「Picnic」購入可能な場所情報/6月13日(月)現在
■南町田ペットクリニック
住所:東京都町田市南町田5-4-7-101
URL:https://www.mmpet-c.tokyo/

■武相動物病院
住所:東京都町田市南町田2-2-3
URL:https://www.buso-vh.com/

他、なないろ畑 直売(毎週日曜日 鶴間公園ほか)、コワーキング喫茶cosoadot、「Picnic」WEBショップ

「Picnic」 WEBショップ:https://picnicforb.base.shop/



/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録