アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

2023年の厄年は何年生まれの人? 厄払いのタイミング、封筒の書き方や相場も解説

/

目次

人生で何度か巡ってくる「厄年」。今回は、男女それぞれの厄年の年齢、2023年に厄年を迎える人たちの生まれ年、そして厄払いの方法について解説します!

「何歳まで一緒に寝てくれるのかな?」息子のまっすぐな回答に「それはちょっと」

男性の厄年と女性の厄年(数え年)

24558791 m

厄年は、普段使われている満年齢ではなく、元旦にみんな一斉に歳を取る「数え年」で算出されます。

また、それぞれ、当該年齢の前後の年齢が「前厄」「後厄」となります。

男性

数え年で、 25歳・42歳・61歳が本厄です。

特に42歳は「大厄」と呼ばれ、より災厄に気をつけたいと年齢とされています。

女性

数え年で、19歳・33歳・37歳・61歳が本厄です。

特に33歳は「大厄」と呼ばれ、より災厄に気をつけたい年齢とされています。

25172217 m

2023年に厄年を迎える人たちの生まれ年

2023年に厄年を迎える人たちの生まれ年は、以下になります。

男性【2023年厄年】

■前厄 24歳…平成12年(2000年)生まれ 41歳…昭和58年(1983年)生まれ 60歳…昭和39年(1964年)生まれ

■本厄 25歳…平成11年(1999年)生まれ 42歳…昭和57年(1982年)生まれ※大厄 61歳…昭和38年(1963年)生まれ

■後厄 26歳…平成10年(1998年)生まれ 43歳…昭和56年(1981年)生まれ 62歳…昭和37年(1962年)生まれ

※すべて数え年で記載

女性【2023年厄年】

■前厄 18歳…平成18年(2006年)生まれ 32歳…平成4年(1992年)生まれ 36歳…昭和63年(1988年)生まれ 60歳…昭和39年(1964年)生まれ

■本厄 19歳…平成17年(2005年)生まれ 33歳…平成3年(1991年)生まれ※大厄 37歳…昭和62年(1987年)生まれ 61歳…昭和38年(1963年)生まれ

■本厄 20歳…平成16年(2004年)生まれ 34歳…平成2年(1990年)生まれ 38歳…昭和61年(1986年)生まれ 62歳…昭和37年(1962年)生まれ

※すべて数え年で記載

厄除けの方法

24539918 m

厄除けはいつする?

厄除けの時期は、神社やお寺、地域によって異なります。最も多いのは、元旦から節分までの期間です。ちなみに節分は、旧暦での元旦に当たります。

とはいえ、多くの神社やお寺では1年中、厄除けを行うことができます。

厄除けはいくら包む?

厄除けの金額相場は、5,000円〜10,000円が一般的です。心配な時は、厄除けを行う神社やお寺に問い合わせると確認できます。

厄除け当日は、白無地の封筒かのし袋にお金を包みます。表書きは、神社の場合は「御初穂料」or「玉串料」、お寺の場合は「御祈祷料」or「御布施」と記入します。

まとめ

人生に幾度か訪れる厄年。仕事や育児に忙しい世代でもあるので、体調を崩さないよう自分を労わりたいですね。

(マイナビ子育て編集部)

<話題沸騰の人気記事はこれ!> ✅【漫画イッキ読み】お財布からお金がなくなってる! まさか!?『うちの子は絶対に盗んでません!』【漫画イッキ読み】夫の不倫相手は……私の大学時代の友達だった『夫の不倫相手は友達でした』【漫画イッキ読み】行きすぎた承認欲求はやがて人間関係を壊し、家族だけでなく自分自身の心をも蝕んでいく『私がSNSを辞めた理由』


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録