アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「メイク時間とメイクに対する感情」の調査結果公開中、ベースメイクの時短がカギに

/

他のおすすめ記事を読む
自分で簡単にできるのに可愛い♡ボブさん向け垢抜け「浴衣ヘアアレンジ」

目次


化粧品・健康食品の企画・開発・製造販売を手掛けるアースケアは、20~40代の女性300名に「メイク時間とメイクに対する感情」に関する調査を行い、その結果を公開している。

年を重ねるにつれベースメイクにかける時間が増加

まず、メイクをする際に特に時間をかけるパートは何ですか?という質問をしたところ、「ベースメイク(ファンデーション、コンシーラーなど)」と回答した人は、20代では38.3%だった。そして、30代では49%、40代では53.9%と増加。このことから、年を重ねるにつれて肌の状態が変化し、ベースメイクでカバーする時間がかかることが考えられる。

40代女性の4割がメイクにネガティブな感情をもつ


また、40代の女性の40%がメイクに対してネガティブな感情をもっていることも明らかになった。その理由の中でも「めんどくさい」「時間がかかる」という意見が多かった。

ベースメイクの時短に向けて

アースケアは、“仕事や家事、育児などで忙しいなかでもベースメイクの時間を短縮できればネガティブな感情を減らすことができる”、“メイクなしでもシワやシミの目立たない肌を作ることでベースメイクの時間を短縮できる”と考え、そのためには20代、30代のうちから、将来後悔しないように肌を健やかに美しく保つ努力が必要だとしている。


将来、肌を美しく保つためのポイントは、「しっかりと保湿すること」「紫外線対策を徹底すること」「摩擦をできる限り起こさないこと」の3つ。

まず、水分と油分のバランスを意識してアイテムを選び、しっかりと保湿習慣を身につけ、乾燥知らずの肌を保っていこう。

紫外線対策では、日焼け止めを年中塗ることはもちろん、塗り直しも忘れずに。日傘や帽子などを使用して、物理的に紫外線に当たらないよう対策することがおすすめだ。

また、摩擦の刺激によって、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こすほか、くすみやシミの原因となるメラニン色素が過剰につくられる可能性があり、顔のマッサージなどはおすすめしないという。日々のクレンジングや洗顔時にも肌をゴシゴシと擦らないように気を付けてほしいとしている。

同調査の詳細は下記URLで確認できるので、自身のメイクやスキンケアのヒントに活用してみては。

■調査概要
調査対象:20~40代の女性 計300名
調査日:2023年5月23日(火)~7月7日(金)
調査実施者:アースケア(自社調査)
調査方法:インターネット調査
調査詳細:https://earthcare.co.jp/blog/40women-base-makeup-survey

アースケア:https://earthcare.co.jp/

(さえきそうすけ)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録