アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

男が思う「品格のあるメイクor下品なメイク」40代独女の境界線って?

目次

メイクをするなら、品格を意識すると、大人の魅力が引き出されるコツにもなります。

他方、品格を出すつもりのメイクなのに、男性目線だと「コレって下品!」にしか見えていない残念現象があるのも実態。

実際問題として、女性のメイクに対し「品がある」「下品」などと、密かにジャッジをくだしている男性も少なくありません。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする時短美容家の私、並木まきが、男性たちが思う「品格のあるメイクor下品なメイク」の境界線に迫ります。

 

男が思う「40代女性の品格あるメイクor下品なメイク」の境界線1:色が多いor統一感がある

男性たちに話を聞いていて思うのは、彼らの目線で「上品」と感じているメイクには色の統一感がある一方で、多色づかい、つまりカラフルなメイクになっているケースほど「なんだか下品」と思われがちな点があります。

 

「いろんな色を使っているメイクは、とにかく派手なイメージ。

オレンジに赤、ピンクとかの明るい色だけでなく、ブルーとかグリーンとかいろんな色が使われていると、ごちゃごちゃした印象で下品だと思う」(45歳男性)

 

「ブルーの目元にピンクの口紅とか、緑っぽいまぶたにどす黒い赤の口紅とか、暖色系と寒色系が一緒になっているメイクって、個性的だなとは思うけど、品があるとは思えない」(43歳男性)

 

手っ取り早く“品格”を意識したメイクを目指す日には、同系色でまとめるようにすると、男性目線での「上品」を得やすいコツになります。

 

 

男が思う「40代女性の品格あるメイクor下品なメイク」の境界線2:唇のツヤor強いテリ感

男性目線だと、唇の仕上がりも品格に直結しがち。

 

「唇がテカテカしている大人の女性は、セックスアピールが強すぎて下品な感じがします。

口紅を塗った唇は、自然なツヤ程度のほうが、絶対に上品に見える」(44歳男性)

 

「うるおいを与えているのかもしれないけど、唇にテリがすごいオバサンはギラギラしたイメージで下品です。

個人的には、そんなメイクには“舌舐めずり”を想像しちゃうので、かなり苦手です」(45歳男性)

 

唇の“ツヤ”は品格につながっても、それが“テカリ”や“テリ”になってしまうと「下品」に舵が切られてしまうリスクが大。

今どきの品格メイクを狙うなら、グロスの重ね塗りよりも、口紅そのものにツヤ感があるものを手に取るとベターです。

 

 

男が思う「40代女性の品格あるメイクor下品なメイク」の境界線3:眉が自然or不自然

眉の印象は、顔全体を左右するほどのパワーをもつのは、もはや語るまでもないお話。

そして、そんな眉の仕上がりひとつでも、品格あるor下品の境界線になっています。

 

「眉が濃くてつり上がっている女性は、それだけで下品な印象を抱きます。

昔、悪口でよく、オールドミスって言葉を使ったじゃないですか。あんな感じのイメージですね」(49歳男性)

 

「眉毛が不自然な女性には、正直なところ品格を感じません。

人工的ってのもあるのかもだけど、それよりも、不自然な眉には清潔感を感じないんですよ。

40代女性で品があるなって思う人の眉は、ナチュラルに整えられている感じの眉だと思います」(46歳男性)

 

不自然な眉は、品格の有無だけでなく、男ウケが悪くなる典型でもあります。

不自然につり上がっている、あるいは下がっている……など、その仕上がりが人工的に見えるほど、下品な印象を強める要素にもなる可能性が。

ペンシルで強めに描き足すのではなく、パウダーやナチュラルな眉マスカラを使うなどして、ふわっと仕上げるのが品格メイクへの近道です。

 

ことさらにモテを狙うわけではなくとも、せっかくメイクをするならば「品がある!」と思われる仕上げを目指したいものです。

デイリーのなにげないメイクが「下品」イメージを招いていたら、かなりショック。

お心当たりがあったかたは、ぜひこの機会にアップデートを試みて損はなさそうです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録