ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

大切なぬいぐるみの汚れ落としはセスキ炭酸ソーダスプレーにおまかせ!

目次

大切なぬいぐるみの汚れ落としはセスキ炭酸ソーダスプレーにおまかせ!

子どものおもちゃであり大切なお友達でもあるぬいぐるみの汚れ落としにはセスキ炭酸ソーダスプレーがおすすめです! セスキ炭酸ソーダはお肌にも環境にも優しいのに、いろいろな場面のお掃除に有効活用できちゃうんです♪ セスキ炭酸ソーダを使ってお家のぬいぐるみをきれいにしませんか?

セスキ炭酸ソーダスプレーの魅力

セスキ炭酸ソーダとは?

セスキ炭酸ソーダは、炭酸ナトリウム(アルカリ性)と重曹(ごく弱いアルカリ性)を混ぜたものです。

それをスプレーボトルに入れ替えて、使いやすくしたものがセスキ炭酸ソーダスプレーです。

セスキ炭酸ソーダスプレーの4つの魅力

1. すべて100均で購入できる
2. たんぱく質汚れ、皮脂汚れ、油汚れに強い
3. 洗濯、キッチン、お風呂掃除にも使える
4. 弱アルカリ性をもつ無機質の洗浄剤だからお肌にも環境にも優しい

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

500mlのスプレーボトルにセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯入れる
数回振ったら完成

お掃除によく使われる重曹に比べて、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、水溶液を簡単に作ることができます!

時間が経っても変質しにくく、常温で長期間保存が可能なのも嬉しいポイントです♪
※3か月以内を目安に使い切ってください。

ぬいぐるみの洗い方! セスキ炭酸ソーダスプレーでスッキリ汚れ落とし

丸洗いできるぬいぐるみの洗い方

ぬいぐるみの中の詰め物が、綿などのやわらかい材質のものは丸洗いができます。詳しくはぬいぐるみやパッケージについている表示を確認してください。
まずは丸洗いができるぬいぐるみの洗い方をご紹介します。

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダ…適量
・ボウルまたは桶…ぬいぐるみが入るサイズのもの
・ザル…ぬいぐるみが入るサイズのもの
・洋服ブラシ
・バスタオル

手順

1. セスキ炭酸ソーダ水を作る
ぬいぐるみが入るサイズのボウルまたは桶に熱めのお湯を溜めたら、セスキ炭酸ソーダを適量入れてよく溶かします。
お湯の量500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を目安に使うお湯の量に合わせて調整してください。
※敏感肌の方や肌のかぶれやすい方は、ゴム手袋の着用をオススメします。

2. 洗い
ぬいぐるみを桶の中に入れて、洋服ブラシでていねいに洗います。毛並みを整えるようにブラシを入れていくのがポイントです。
お湯が汚れてきたら、セスキ炭酸ソーダ入りのお湯を入れ替え、再びぬいぐるみをブラッシングをします。ぬいるぐみがきれいになるまでこれを繰り返します。

3. すすぎ
ぬいぐるみの汚れが取れたら、一度ザルに入れて水気を切ります。水気が抜けたらシャワーヘッドを軽く押し当てるようにして、すすぎます。

4. 脱水
すすぎ終わったらザルに入れ、10分ほど放置したら、ぬいぐるみを洗濯機の中に入れて20秒〜30秒脱水をかけます。
※洗濯機に乾いたバスタオルを敷いておくと、脱水中にぬいぐるみが傷んでしまうことがなく安心ですよ。

5. 乾燥
平干しネットやワイヤーネット、すのこなどを使って、日のあたる風通しの良い場所に置いて乾かします。雨などで日が当たらない場合は、扇風機やエアコンの風などがあたる場所で乾かすのもオススメです。

丸洗いできないぬいぐるみの洗い方

ぬいぐるみの中の詰め物に、電子回路などが入っているぬいぐるみは丸洗いができません。
つぎは丸洗いができないぬいぐるみの洗い方をご紹介します。

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダスプレー
・タオル…2枚
・ブラシ

手順

1. 拭き洗い
ぬいぐるみの表面にセスキ炭酸ソーダスプレーを吹きかけ、乾燥したバスタオルで表面を拭きます。
汚れがとれたら、きれいな水、またはお湯で絞ったタオルでぬいぐるみ全体を拭きます。

2. 乾燥
ブラシなどで毛並みを整えたら、日のあたる場所で乾燥させます。

丸洗いできるぬいぐるみでも、表面の汚れだけを落としたいときはセスキ炭酸ソーダスプレーを使った拭き洗いがおすすめですよ♪

残ったセスキ炭酸ソーダスプレーの使い方

・洗濯に有効活用
セスキ炭酸ソーダは食べこぼし汚れや油汚れ、血液汚れにも強いので、いろいろな衣類の汚れ落としをサポートします♪

・キッチン掃除に有効活用
セスキ炭酸ソーダは油汚れに強いので、電子レンジ、換気扇、ガス周り、魚焼きグリルについたがんこな油汚れもぴかぴかにしてくれます!

・お風呂掃除に有効活用
セスキ炭酸ソーダは皮脂汚れに強いので、浴槽や鏡についた皮脂汚れやもツルツルに!浴室タイルにつきやすい黒カビ・赤カビ予防にもおすすめです。

さまざまな場面で活躍してくれるセスキ炭酸ソーダですが、泥汚れ、機械油、口紅などの頑固な油汚れ、衣類のしみのお掃除には向いていません。

ほかにも、畳やカーペットの汚れ、ワックス済みフローリングの拭き掃除、アルミ鍋などのお手入れにも使わないようにしてください。

まとめ

ぬいぐるみは子どもの大切なおもちゃであり、仲良しのお友達でもありますので、汚れたままではかわいそうですよね。

それに、子どもが触れたり口にいれたりすることもありますので、清潔に保っておくことが大切です。

セスキ炭酸ソーダスプレーならいつでも手軽にぬいぐるみの汚れ落としができますので、常備しておくと便利ですよ♪


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録