アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

大阪・堺市の伝統産業「和晒」をつかったインテリアアート『WASIL』誕生

/

目次


大阪府堺市で和晒生地加工を手がける三共晒が、大阪堺の伝統産業である和晒(わざらし)生地を活かした全く新しいインテリア・アート・ブランド『WASIL(ワシル)』を立上げ、1月18日(月)から販売を開始している。

晒伝統産業に新しい価値を作る

大阪府堺市には手ぬぐいや染色商品を中心に、地場産業として古くから染色工場と晒加工場があるが、ライフスタイルの変化により年々需要が縮小になり、また新型コロナウイルス感染症によりインバウンドの激減の影響も受けている。


同社は、これらの変化を受け、晒伝統産業に新しい価値をつくるべく、「和晒とモダンアートの融合」をコンセプトにした新感覚のインテリアアートブランド『WASIL』を立ち上げた。

「和晒」をインテリアアートに

和晒は、古くから親しまれてきた手ぬぐいや浴衣づくりに欠かせない漂白技術のこと。


大阪の伝統産業である和晒の魅力を多くの人々のインテリアアートシーンに溶け込ませたいという想いから、培った伝統技術とモダンアートが融合した新感覚のインテリアが誕生した。


グラフィックシーンで活躍するデザイナーによる19のデザインがラインアップする『WASIL』は、サイズが約160cm×約39cmと、


約56cm×約39cmの2種で、価格は13,000~25,000円(税別)。別売の専用額で額装して飾ることもできる。


商品の詳細などは、ブランドサイトにて見ることができるので、チェックしてみて。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録