クラフトコーラ「屋久島1000年コーラ」に新サイズ登場!専門のカフェもOPEN

更新日:2021年8月6日 / 公開日:2021年8月6日


クラウドファンディングで321%を達成した“世界遺産の島”のクラフトコーラ「屋久島1000年コーラ」に新ラインナップ登場!レギュラーサイズ250mlに加え、お土産サイズの100mlと、業務用サイズの720mlが、8月1日(日)より発売中だ。

刻を感じるクラフトコーラ


世界遺産の島、屋久島の魅力を、食を通して伝えたいという思いから誕生した「屋久島1000年コーラ」。


“刻を感じるクラフトコーラ”をコンセプトに、材料には、長い刻を経て生成された屋久島の超軟水をはじめ、屋久島に自生している精油成分とミネラルが豊富な屋久島ウコン、種子島の黒糖と粗糖を使用している。

可能な限り屋久島産、鹿児島産を選びこの地域のテロワールを大切にしており、今年4月には、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」でプロジェクトを実行。

屋久島や鹿児島出身者をはじめ、島を応援する多くの人からの賛同を得て、321%を達成した。

100ml・720mlサイズが登場


そんな「屋久島1000年コーラ」から、この度、通常サイズの250mlに加えて、手軽にお土産として持ち帰れる100mlサイズや、飲食店でも使いやすい業務用として720mlサイズが新登場。

720mlサイズは、飲食店関係者だけでなく、一般の人の購入も可能だ。

販売は、屋久島の居酒屋「じぃじ家」や、鹿児島県内の土産屋などにて。

「屋久島1000年コーラカフェ」OPEN

また、屋久島を訪れた際に1000年コーラを楽しめる場所として、「屋久島1000年コーラカフェ」もオープン。

建物は地杉で作られた古民家で、目の前に流れる安房川の風を感じながら、屋久島の恵みがたっぷり詰まったクラフトコーラを味わうことができる。

テイクアウトもできるメニューいろいろ


メニューは、純粋にコーラの味を楽しめる「屋久島1000年コーラ炭酸割り」の他、


まろやかな口触りの「屋久島1000年コーラミルク割り」や、ハイボールやビールで作ったカクテルなど。

さらに、コーラドリンクと相性の良いフィッシュアンドチップスなど軽食、スナックも揃っている。

屋久島を訪れた際は、「屋久島1000年コーラ」が生まれたこの場所に立ち寄ってみては。

■屋久島1000年コーラカフェ
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町安房67-4(じいじ家)
※テイクアウトも可能
※18:00以降は居酒屋「じいじ家」として、屋久島素材を使った料理を販売する。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録