アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

効果を知ったらやらない選択肢なし!顔ちっちゃっ!のメイク術

自分の丸々とした顔にぎょっとした経験のある女性は少なくないはず。そんな時に頼りたいのがメイク!影を作るシェーディングと光を集めるハイライトを入れるとたちまち3㎏痩せたような小顔が叶うのです!さらに立体感も出るので顔全体が洗練された印象に♪今回はシェーディング・ハイライトの基本の入れ方を紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

小顔を叶えるシェーディングの入れ方

・シェーディングの役割とは

シェーディングは、影を作り余分な部分を削ってくれるものです。しかし、多くのシェーディングは肌にもともと持っていない色素のブラウンを使うのでしっかりぼかさないと不自然になってしまいます。しっかりぼかすことを意識しましょう。

・シェーディングを入れる場所

 

基本のシェーディングは、
・フェイスライン
・頬骨の下
・おでこ
に入れます。

エラが張っている方は、エラの部分にしっかりと、面長さんは頬骨の下とフェイスラインは避けて、顎とおでこのみにしましょう。

・シェーディングを入れる際に注意すること

先ほどお伝えした通り、シェーディングは肌にない色素のブラウンを使うため、ぼかすことが重要です。そのため、パウダータイプのシェーディングを使う場合はブラシにシェーディングパウダーを含ませてから、ティッシュで余分なパウダーをこれでもか、と落としましょう。
また、ブラシを一定方向に動かすことと、首やあごの裏までブラシを動かしてぼかすことも忘れずに!

スティックや練りタイプのシェーディングを使う場合は、直接肌にのせてからスポンジで内側から外側に向かってぼかします。

シェーディングを自然に仕上げるコツは、顔の一番外側を濃く、内側を薄くというようなグラデーションを作るようにぼかすことです。

小顔を叶えるハイライトの入れ方

・ハイライトの役割とは

ハイライトは、光を集めて足りない部分を足して立体感を出してくれます。パウダータイプならナチュラルに、練りタイプなら濡れたようなツヤ感が出るので、お好みの仕上がりを選びましょう。

・基本のハイライトを入れる場所

ハイライトは、
・鼻筋
・目の周りのCゾーン
・おでこ
に入れます。

顔の長さが気になる面長さんは、唇の上に入れると顔の長さが緩和されます。

・ハイライトを入れる際に注意すること

ハイライトはつけすぎてしまうとツヤではなく、テカリに見えてしまいます。特に鼻筋や目の周りのCゾーンには注意が必要です。
また、ラメやパールが強すぎるものを選んでも悪目立ちの原因となってしまいますので気をつけましょう。

小顔に見せるだけでなく顔に立体感とメリハリを与えてくれるシェーディング・ハイライトの基本的な入れ方をご紹介しました。

シェーディング・ハイライトともにメイクの主役になれる存在ではありませんが、するのとしないのとでは仕上がりが全く違います。自分の顔型に合わせたやり方を研究して自然に小顔をGETしましょう!

「#小顔」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■うるうる瞳で目元の美人度アップ♡大人な涙袋をつくる方法
■買って損なし!メリハリ顔&小顔を叶える神コスメ5選!
■整形級に顔立ちが変わる!プロに学ぶ!美人がやってる眉メイク法
■【図解】同じ顔でもこんなに違う!流行メイクの取り入れ方って?
■脱・メイク初心者!一気に垢抜け♡プロが教えるハイライト講座


執筆者:剱持百香



96

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録