ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイライン ペンシルアイライナー リキッドアイライナー 初心者

苦手な人は絶対読んで!不器用さんや初心者さんにおすすめ♡失敗しないアイラインの引き方

コスメコンシェルジュ・美容ライターの斎藤明子です。驚くほど目の印象を変えてくれるアイラインですが、それだけに失敗すると目立ってしまうので、苦手意識がある人も多いのでは?そこで、今回は初心者さん・不器用さんでも失敗しないアイラインの引き方のコツをご紹介します。

目次

ペンシルライナーでナチュラルに盛る方法

まず目指したいのは、ペンシルライナーでナチュラルに盛る方法です。方法としては、まつ毛の間を埋めるように塗っていくため、アイライナーが柔らかく描きやすいものであることは絶対条件になります。

また、綿棒であとからぼかすプロセスも重要なので、ぜひやってみてくださいね!

① 上まぶたを手で持ち上げる。

② アイライナーを鉛筆と同じように持ち、まつ毛の下側から斜めにあてる。

③ 小刻みに、左右に動かしながら少しずつ塗っていく。

④ 目尻側から目頭側に向かって描く。

⑤ ペンシルアイライナーを、目のキワに2ミリくらい上から描き足す。

⑥ はみ出した部分は綿棒でぼかす。

初心者さんは、次の行程をぜひやってみて!

⑦ アイシャドウの締め色をチップか細めのアイシャドウブラシで目のキワに塗る。

⑧ チップか細めのブラシで⑤と⑥の色をなじませる。

描いたラインが多少がたついても目立たず、しかもナチュラルに仕上がるので、苦手な方はぜひ試してみて下さいね。

リキッドアイライナーで跳ね上げラインを描く方法

目元をくっきりはっきりと見せることのできるリキッドアイライナー。ラインががたついたり、太く描きすぎたりすると目立ちやすいので、初心者さんはなじみのいいグレイッシュブラウンやバーガンディがおすすめです。

アイライナーはコシのある筆のものを選ぶようにしましょう。

① まず、まつ毛の下からアイライナーをあてて、まつ毛の間を埋めるように塗っていきます。

② 次に、まつ毛の上側からまつ毛の生え際ギリギリにラインを引きます。目の真ん中から目尻に向かって引いていきます。

③ 引き終わりを定めて跳ね上げラインを引きます。引き終わりは、下まぶたのカーブと上まぶたのカーブの延長線が交わる地点です。このポイントを目指して跳ね上げるようにカーブを作りながらラインを描いていきます。

④ 跳ね上げラインと目尻の間のスペースを埋めるように塗っていきます。

※まつ毛の間を埋めるだけでも目チカラがアップします。また、②のプロセスでは、初心者さんはあえて目頭側にラインを引かない方がきれいに仕上がるのでおすすめです。

初心者さん、不器用さんでも、簡単にできるアイラインの引き方をご紹介しました。メイクに慣れている方も、時短でメイクをしたい時や、基本をおさらいしたい時の参考にしてみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

斎藤明子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

michicos

カテゴリ

michill 公式アカウント

michicos
ログイン・無料会員登録