アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ベースメイク アイメイク ポイント

メイクに自信がない初心者さんは絶対読んで♡これだけは覚えたい!メイクの基本のポイント

/

コスメコンシェルジュ・美容ライターの斎藤明子です。今回は、メイクを始めてまだ間もない超初心者さんに向けて、ぜひ知っておいてほしいメイクのポイントをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
アイブロウアイテム
今っぽ眉になるために最低限これだけは揃えて!垢抜けアイブロウアイテム6つ

目次

ファンデの選び方

ファンデーションには、さまざまな形状のものがあるので、初心者さんは、まず何を選ぶか迷ってしまいますよね。

ファンデーションの種類は、大きく分けてリキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーション、ソリッドタイプ(固形)のファンデーション、ルースタイプのファンデーション、クッションファンデーション、スティックファンデーションを挙げることができます。

大まかに、乾燥肌の方は、のびのよいリキッドファンデーションやクッションファンデーション、冬でもテカリやすいオイリー肌の方はコンパクトタイプのパウダーファンデーションが使いやすいでしょう。

初心者さんがテクなしでもナチュラルにきれいな仕上がりを目指すのなら、肌タイプにかかわらず、みずみずしいのびのいいタイプのリキッドファンデーションがおすすめです。

さらに、ファンデーションだけで毛穴や肌の色むらをカバーしようとすると厚塗りになったり、崩れやすくなったりしてしまうので、必ず下地を使うようにしましょう。

メイク初心者さんがファンデーションを塗るとき、ついやってしまいがちなのがスポンジで肌にこすりつけるように塗ってしまうことです。

メイクに慣れている方でも、実は、意外と力が入り過ぎてムラになっていたり、また、肌への負担になっていたりすることがあるので、この機会にぜひチェックしてみて下さいね。

リキッドファンデーションの塗り方

初心者さんにおすすめの「みずみずしいタイプのリキッドファンデーション」を使い、仕上げにスポンジを使う方法は次の通りです。

① 点線部分にファンデーションを点置きする。

② 中心から外側に向かって、中指に人差し指を添えて力を入れずにやさしくのばしていく。

③ おでこの生え際部分や、フェイスラインぎりぎりまで塗り広げると「塗った感」が強くなってしまうので塗らない。

④ 肌の色むらができやすい頬の中心から頬骨にかけて、中指と薬指で重ねづけする。

(超ナチュラルに仕上げたい時は、頬の中心から頬骨にかけてのみをカバーするだけでも肌の質感がきれいに見えておすすめです。)

⑤ 最後に、小鼻の周り、目の周りなど、ファンデーションがたまりやすい部分をポンジで軽くおさえて均一にならす。

基本のアイシャドウの塗り方

アイメイクの手始めとして、まずはアイシャドウで目に陰影をつける基本の方法をマスターしておきましょう。

① アイシャドウのモチと発色をアップするために、肌色に近いベージュなどのアイシャドウベースをまぶた全体に塗る。バームタイプは指で、パウダータイプはブラシで。

② 目のキワに濃いブラウンやブラックグレーなどの締め色を入れる。

③ メインカラーのアイシャドウを二重幅の中と下まぶたに塗る。

④ 中間色のアイシャドウをベースカラーとメインカラーの境目に入れる。

⑤ ラメをまぶたのまん中、上下に重ねる。(※濃い色から順番に入れていくとナチュラルに仕上がります。)

マスカラの基本的な塗り方

① まず、まつ毛の上側からなでつけるようにまつ毛にマスカラをからませていく。

② 次に、下から上に持ち上げるようにマスカラを塗っていく。

(※スクリューブラシタイプのマスカラは、ブラシを横に小刻みに動かしながらマスカラをからませます。くし型のマスカラは、左右に振らずにすっと前にとかすようにつけるとダマにならずきれいに仕上がります。)

初心者さん向けメイクのポイントをご紹介しました。メイクに慣れている方も、ぜひこれを機会に、基本のやり方を再確認してみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

斎藤明子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録