気付いたらモノが増えてる…がなくなる!片付けのプロ直伝「モノを増やさないための3ステップ」

更新日:2021年12月11日 / 公開日:2021年12月11日

こんにちは!整理収納アドバイザーの大森智美です。片付けを意識しているつもりなんだけど、気づいたらあっという間にモノが増えている…そんな方はいませんか?モノを増やさずに常に適正量で生活するためには日々の意識が大事。今回は、モノを増やさないための3つのステップをお伝えしますね!

ステップ1:家に入れる基準を厳しくする

モノを増やさないために、圧倒的に大事なのは「そもそも家に入れない」こと。

必要なものを買って家に入れることは生きていく限り続きますが、「本来目的でなかったもの」は特に要注意です。

例えば商品についていたオマケ、買ったものが入っていた箱や紙袋、何となく作ったポイントカードや、コンビニでつい買ってしまったビニール傘、2点かうと10%オフ・あと〇円で送料無料などお得さにつられてつい買ったもの、クリーニング店からついてきたハンガー、必要な量以上にたくさん入っている商品、更には商品を買ったときのレシートなどなど。心当たりありませんか?

家に入れたら、管理し最後に手放すのは自分です。

普段から必要なもの・本当に欲しいモノしか買わないのは勿論ですが、手放しにくい物・家に溜まりがちなものは断り、選ばない選択をすることも大事です。

家に入ってくる量が少なければ、必然的に後々の片付ける手間も減りますよ。

ステップ2:増えたことに気付く仕組みを作る

普段生活していると、毎日見ている部屋の様子が風景化してしまい変化に気付きにくくなることがあります。モノを増やさないためには、「増えた」ことに敏感に気付くことが大事です。気づくことで正常な量に戻せるからです。

増えたことに気付くためには、増えやすいモノには容量や数を決めるといいですよ。

収納する時は一カ所にまとめ、「ここに入るだけ」とルールを決めます。

例えば増えがちな紙袋、お菓子、ストック品などもボックス1つ分、紙袋1つ分など容量を決めると溢れれば「持ちすぎているな」と分かりやすくなります。

洋服が増えがちな方は、あらかじめハンガーの本数を決めておき、ハンガーが足りなくなったら持ちすぎている…文具が増えがちな方は、ボールペンは3本にするハサミは必要な個所に1個ずつと決めることで増えたことに気付きやすくなりますよ。

ステップ3:定期的な見直しは必須

家に入れる基準を厳しくしても、増えたことに気付く仕組みを作っても、それでもモノは増えていきます。一生モノを買わない…というのは不可能ですから、やはり定期的な見直しは欠かせません。

新しく購入したら、1in、1outを意識しながらモノを見直したり、1年に1度全部出して整理するタイミングを作るのもいいでしょう。

モノはどんどん劣化していきますし、私たちも成長したり趣味が変わったり、ライフステージも変化していきます。

定期的な見直しをすることで、本当に今の自分に必要か考えなおす時間が生まれますので、今の自分にとって適正な量をキープしやすくなりますよ。

いかがでしたか?今回は【モノを増やさないための3ステップ】についてお伝えしました。

モノは、気を抜くとどんどん増えます。モノを増やさない3ステップを日々意識して生活すると、風通しの良い溜まりにくい家になりますよ!

ぜひ、意識してみてくださいね。

「#心地よい暮らし」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■こんな使い方あったんだ!一家に1本の必需品?!あの場所の掃除に超使える神アイテム
■ごちゃつく日用品はセリアで解決!整理収納アドバイザーが自宅でリアルに使っている収納グッズ
■うちの「スキマ」無駄にしていない?整理収納アドバイザーおすすめ!スキマ活用術



この記事の著者

ログイン・無料会員登録