とにかく可愛く見せたい人集まれ♡1.5倍可愛く見える!プロが教える盛りメイクテク

更新日:2021年12月24日 / 公開日:2021年12月24日

メイク講師・16タイプパーソナルカラーアナリストのAyanaです。今回は、とにかく可愛く見える・盛れるメイクテクニックをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい♡

ベースメイク編

可愛く盛れるメイクをしたい場合、「ナチュラルなツヤ肌」と「立体感」を意識しましょう♪

ナチュラルなツヤ肌

盛りたいからといってファンデーションを厚塗りしてしまうと、「可愛い女性」というよりは「隙のない綺麗な女性」という印象になります。

可愛くしたい場合は、ベースはナチュラルにツヤっぽく作るのがおすすめです。

ただし、クマや赤みなどの顔の色ムラはきちんとカバーしましょう!

立体感

「盛る」といえば顔の立体作りは欠かせません!

メイクレッスンをしていると、シェーディング・ハイライトに効果を感じないので普段はやっていないという方、意外と多いんです。

大きな変化がないようで、実は結構顔の印象を変えているのがシェーディングとハイライトです。

自分の顔のバランスがよく見えるように骨格に合わせていれると絶大な効果を発揮しますが、盛りたい時には次のポイントにいれるのがおすすめ!

ハイライト:眉下、頬のトップ、目頭、鼻筋、鼻先、唇の上、顎先

シェーディング:眉頭〜鼻根、小鼻、鼻の先端、鼻の下、口角、唇の下

肉眼でも、カメラを通しても盛れるのでぜひ試してみて下さい♡

アイブロウ&アイメイク編

アイブロウ

可愛く見せたい場合の眉は「柔らかい形の平行眉や下がり眉」がおすすめです。

守ってあげたくなるような可愛らしさ、柔らかい女性らしさを出すことができます。

また、目と眉毛の距離を縮めることで、顔もより立体的に見えます。

眉毛をいつもより薄めに仕上げるのもポイント!

毛1本1本が太く、毛量が多い方は明るい眉マスカラをすると抜け感が出ます♡

アイメイク

可愛く見せるには「タレ目メイク」と「下まぶたメイク」がポイントです。

タレ目メイク

① アイラインを目尻からやや下向きにはみ出し、アイシャドウもその角度に合わせて入れる

② 下まぶたのアイシャドウはオレンジやピンク・ブラウンなどを使い、やや下向きに幅を出す。目尻が下がることで、より可愛い印象に♡

下まぶたメイク

下まぶたメイクは目の大きさを盛る上で欠かせません。

明るい色と暗い色を交互につけて目元を大きく、立体的に見せましょう。

以下がメイク手順です。

① 目のキワの粘膜にベージュや白のペンシル

② アイシャドウでタレ目メイク

③ 涙袋のキラキラハイライト

④ 涙袋の影(涙袋の影が難しい方は、ピンクやオレンジのアイシャドウだと自然に盛れておすすめです♡)

またマスカラも黒ではなくブラウン、オレンジ、ピンク、赤や、ラメが入っているものなど透け感があるとよりGOOD!

チーク&リップ編

チーク&リップのポイントは「ジュワッと自然な血色感」です。

チークはやや高い位置に楕円形で大きくいれます。自分の血色に近い色がおすすめ♡

リップは内側にしっかり、輪郭はナチュラルにぼかすと唇が小さく見え、より可愛い印象になります。

ぜひ試してみて下さい。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録