牛乳1本使い切り♡お家で簡単に出来る!イタリアのアイスデザート「カッサータ」

更新日:2022年5月6日 / 公開日:2022年5月6日

イタリアのシチリア島伝統のスイーツ「カッサータ」は、チーズクリームの生地にたっぷりのドライフルーツとナッツ、砕いたチョコレートを混ぜ合わせて冷やし固めた贅沢なアイスケーキです。断面が宝石をちりばめたように綺麗なので、インスタ映えするスイーツとしても人気ですよ!おもてなしの一品にもおすすめです♡

カッサータってなに?イタリア発の人気スイーツ

カッサータはイタリアのシチリア島生まれのアイスケーキです。

一般的には、リコッタチーズを使ったクリーム生地にドライフルーツやナッツ、チョコレートを加え型に入れ冷やし固めて作ります。

チーズの種類や中に加える材料を変えたり、リキュールを加えるなどアレンジも無限大。カットした断面が宝石のようにキラキラしているので、インスタ映えするスイーツとしても話題の一品です。

牛乳1本で簡単!自家製リコッタチーズ(カッテージチーズ)レシピ

リコッタチーズやカッテージチーズなど、普段はあまり使い慣れない方が多いと思いますが、どちらのチーズも牛乳を使ってお家で手軽に作る事ができます。

リコッタチーズとは、牛乳からチーズやヨーグルトを作った際に出る水分(ホエー)を再利用して作った物です。

カロリーが他のチーズより低めで、栄養は豊富なのでダイエット向きのチーズとも言われています。あっさりしたテイストで、いろんな料理に幅広く使えるのが特徴です。

カッテージチーズは、牛乳から乳清を除いた後に残るオランダ発のフレッシュチーズで、少し酸味のある爽やかなテイストが特徴です。豆腐を崩したようなボロボロした見た目が特徴で、サラダのトッピングや、パスタやピザなどにのせたりしてあるのをよく見かけます。

この2つのチーズは微妙な差はあれどとてもよく似たものなので、今回は作りやすいカッテージチーズを使ったレシピをご紹介します。

材料(出来上がりの量約150g)

・牛乳(成分無調整の物)1L
・レモン汁 大さじ3
・塩 ひとつまみ

作り方

① 牛乳と塩を小鍋に入れ沸騰直前まで温める

② レモン汁を少しずつ回し入れゆっくり混ぜながら弱火で加熱する

③ ほろほろ固まり出したら混ぜるのをやめ火を止めてそのまま10分置く。

④ 深めのボウルにザルをのせ、布巾や厚手のキッチンペーパーで③を漉す。

⑤ 水分が落ちたら軽く絞る(水切程度)

残った水分(ホエー)は料理やスムージーに使うと美味しくいただけます。

混ぜるだけ♡簡単カッサータのレシピ

自家製のカッテージチーズを使って、混ぜて冷やし固めるだけの簡単カッサータを作る事ができます。

もちろん、市販のカッテージチーズやリコッタチーズ、クリームチーズでも代用可です。

他のチーズを使用する際はレシピのカッテージチーズと同量を使用します。

材料(6人分)

・カッテージチーズ 150g
・生クリーム 100ml
・グラニュー糖 30g
・ナッツ(好みの物) 25g
・ドライフルーツ(好みの物) 60g
・ミルクチョコレート 20g

下準備

・ナッツはオーブン150℃で10分ローストして砕く
・チョコレートは粗く砕く

作り方

① 生クリームとグラニュー糖をボウルに入れ底を氷水で冷やしながら角がたつまで泡立てる。

② カッテージチーズを加えよく混ぜ合わせる。

③ ドライフルーツとナッツ、チョコレートを加え混ぜ合わせる。

④ オーブンシートを敷いたパウンド型に生地を流し入れ、冷凍庫で一晩かけて冷やし固める。

カッサータの完成です。

さっぱりして、滑らかなクリームの中には甘酸っぱいフルーツと香ばしいナッツ、甘いチョコレートがたっぷり♡とても贅沢なアイスケーキです。

カットした断面がとても華やかでおもてなしスイーツにもおすすめですよ♡

今回は、牛乳を使って作る簡単カッサータのレシピをご紹介しました。

カッサータに使うドライフルーツは、100円ショップでいろんな種類を手軽に手に入れる事ができるので、お好みの物を捜してみてくださいね。

イタリア・シチリア島伝統のスイーツ「カッサータ」おすすめですよ!

「#スイーツレシピ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録