アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
整理収納の様子

【保存版】夏服をしまう前に!プロが教える「衣替え&キレイをキープできる収納術」

/

段々と気温が涼しくなり、そろそろ「衣替えを始めなきゃ」と考える方も多いのではないでしょうか?今回は、まさに衣替えをしようとしている方に向けて、整理収納アドバイザー直伝の衣替え方法や収納術を解説!整理された状態をキープするための秘訣も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

他のおすすめ記事を読む
キャンドゥのコレなら失くさない!必要な時に限って見当たらない…あの工具がキーホルダーに♡

目次

衣替え前にチェックしたい2つのポイント

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

衣替えをする際、タンスの中身を全部出してそのまま衣装ケースにしまう、という方は多くいると思います。ですが、どうせ洋服を整理するなら、断捨離も兼ねたいところ。

まずは、整理収納アドバイザーが衣替え前にチェックしている「2つのポイント」をご紹介。衣替えと一緒に断捨離も行っていきましょう♪

①衣類のコンディションをチェック

前シーズンの洋服をチェックする際、まずは汚れや色あせ、ほつれなどをチェックしましょう。落ちそうにない汚れや、傷んでいる場合は、手放すことをおすすめします。

②「今年着たか」をチェック

次に、「今年着た洋服」と「出番がなかった洋服」に分けます。

今年着た服で、来年も着たい場合は保管を。

出番がなかった服は、「来年こそ着たい」と思えるものだけを厳選して残しましょう。

「いつか着るかも」と執着してしまいがちですが、一度袖を通してしっくりこない場合は、手放すのが得策です。

詳しくは【夏服しまうのちょっと待って!もっと収納が楽になる!片付けのプロが衣替えでやってる3つのこと】と【いつか着るかもは一生着ない!プロが教える衣替えと一緒にできる洋服の棚卸し術】をチェック!

整理収納アドバイザーが行っている2つの収納パターン

洋服の断捨離が完了したら、いよいよ収納を始めていきましょう。ここでは、2つの収納パターンを紹介するので、自分にあった方法を試してみてくださいね。

①カテゴリーごとに収納

1つ目にご紹介するのは「カテゴリーごと」に収納する方法。

例えば、半袖トップス・長袖トップス・ボトムスなど。

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

オンシーズンとオフシーズンで分けて収納している人が多いかと思いますが、その場合で困るのは「冬に夏物が必要になったとき」や「急激に気温が変化したとき」。

カテゴリーごとに洋服を管理することで、気候の変わり目やレジャー時の洋服選びがスムーズになります。

<収納のポイント>

半袖トップス・長袖トップス・ボトムスなど、洋服をカテゴリー別に分けたら、カテゴリーごとにそれぞれ収納スペースを割り当てます。

1つのカテゴリーにつき1つのケースを使用すると、どこに何があるかがすぐ分かるのでおすすめです。

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

奥行きのあるケースの場合、引き出しの手前に「今・よく使うアイテム」を収納しておくと、洋服選びの際に便利です。

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

詳しくは【めんどくさがりさんに朗報!片付けのプロが教える「衣替えが必要なくなる収納術」】で確認!

②シーズンごとに収納

①で紹介した通りカテゴリーごとに洋服を収納すると、「冬に夏物が必要になったとき」は取り出しやすく便利な一方、使わないときはかさばりますよね。

2つ目の収納パターンとして紹介するのは「シーズンごと」に収納する方法です。

クローゼットの上の棚に、IKEAなどで販売されている取っ手付きの収納ケースに入れて管理するのがおすすめです。

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

オフシーズンの洋服のほかには、来客用やオフシーズンの寝具類も入れます。

「そのシーズンで必要なものだけ」がタンスに入っていると、洋服が選びやすくなりますね。

詳しくは【衣替えの季節に見直しでスッキリ!!使いやすいクローゼット収納】をチェック!

クローゼットの適正量のキープの鍵は「ハンガー」

衣替え 収納術 整理収納アドバイザー 洋服 

最後に、整理収納アドバイザーが教える「洋服を増やしすぎないようにするためのコツ」を紹介します。

それは、「ハンガーの数を増やさない」ことです。

洋服を買ったときやクリーニングに出したときに付いてきたハンガーを、そのままクローゼットでも使っている方は多いと思いますが、そうすると洋服の「適正量」がわからなくなります。

ハンガーの数を増やさないことで、クローゼットの見た目が美しくなるうえに、自分が所持している洋服の数を常に把握することができます。

新しい洋服を買う際、「代わりにどれかを手放す」ことが習慣づくので、ハンガーの数を一定量に保つことをおすすめします。

詳しくは【いつか着るかもは一生着ない!プロが教える衣替えと一緒にできる洋服の棚卸し術】をチェック! 

今回は、整理収納アドバイザー直伝の衣替えのコツ&収納術を紹介しました。衣替えは、シーズンごとにやってくるイベントなので、本記事を参考に実践してみてくださいね!

記事協力:むらさき すいこ七尾亜紀子青山あきよakane



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

michill ライフスタイル

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録