ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

それだけで華やかなテーブルに…花のうつわの魅力

花の形をしたうつわ。テーブルを華やかにしてくれるうつわだなって思います。そんな花のうつわの魅力をお伝えします。夏はガラスのプレートを重ねて使っても素敵です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

美味しく魅せてくれます

お茶の時間に和菓子でほっこりタイム。

この日は水饅頭。暑い夏は器も見た目に涼しげにしたくって。お花のプレートにテンテン模様のガラスのプレートを重ね使い。葉っぱは庭のラズベリー。白いプレートにグリーンが映えます。

小さめのお花のプレートはソーサー代わりに。もちろんこちらに水饅頭をのせても。

器って使う人が自由な発想で使えるのも楽しみの1つ。器同士の組み合わせや合わせるカトラリーやテーブルクロス。季節のお花を添えて。

食べることが楽しくなるようなテーブルセッティングを心がけています。

お花のプレートはそれだけで華やかでテーブルをぱっと明るくしてくれる魅力的な器です。ついつい、惹かれてしまいます。

トーストも木の輪花皿

木のプレートは朝ごはんのトーストの時に大活躍です。

適度に水分を吸収してくれるのでパンがサクッと美味しいまま。この日は輪花皿に合わせてキウイフルーツをお花のクッキー型で抜いて、フルーツのオープンサンドにしました。可愛い朝ごはんに娘もウキウキ~。

6枚切りの食パンを軽くトーストしてクリームチーズを薄く塗っています。キウイを大小の型で抜いて変化をつけて、あればミントを飾ります。

お好みではちみつをかけて食べると美味しいです。バナナで作るのもオススメです。今回は2種類のキウイフルーツで作ってみました。

お気に入りの器

右上から時計回りに。

加藤益造さんのお花のプレート。もう何年も愛用しています。ケーキ皿に取り皿にちょうどいいサイズ感です。

三つ足が付いた野村絵梨花さんのプレート。小さなクッキーやチョコをのせたり、ワンプレートの時にお総菜やお漬け物をのせるのに使っています。

森田孝久さんの輪花皿。栗材で作られていて木目の美しさにハッとさせられたプレートです。びっくりするほど軽くて、トーストやサンドイッチ、ワンプレート、とにかく何をのせても食卓が華やぎます。

野村絵梨花さんの三つ足付きのプレート。小さめカトラリーやアクセサリーをのせて飾っておいても素敵です。私の好きな組み合わせのホワイト×ブルー。何ものせなくてもテーブルにそのまま置いておきたい可愛さです。

同じく野村絵梨花さんの三つ足付きのプレートで少し大きめです。ショートケーキをのせるイメージで作ったとおっしゃっていました。スイーツ全般、何をのせても華やぎます。

いちじくとヨーグルトをガラスの器に入れてプレートをソーサーにして。ガラスの器に薄くスライスしたいちじくを貼り付けてヨーグルトを入れました。いちじくは皮付きのまま使うと扱いやすいです。

器が素敵だとお菓子や料理を作っているときにも、こんな風に使いたいな盛り付けたいなってワクワクします。そして食べているときも同じくワクワクして。

花のうつわ使いが参考になれば嬉しいです。

「#器選び」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■これからの季節にぴったり!ガラスの器の魅力
■料理やお菓子をおいしく魅せる♪白い器の魅力
■プロも愛用!見た目もスタイリッシュなストウブの驚くべき魅力
■有田焼の魅力!「1616/arita japan」TYパレス
■素敵な器と旬の食材で「おうちイタリアン」計画♪


執筆者:masayo

更新日:2018年7月11日


12

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録