アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
その眉ダサ見えかも!?ダサ見え眉4タイプと垢抜けテクをプロが徹底レクチャーします!

その眉ダサ見えかも!?プロが教えるダサ見え眉4タイプ&垢抜け眉にする方法

/

アイドレッサーのMAKOです。眉サロンも増え、美しい眉メイクができることが当たり前のようになってしまった2022年。あなたは自分の眉メイクに自信はありますか?ダサ見えする眉には原因があるんです!難しいと思われているトレンド眉メイクもちょっとのコツを知れば誰でも上手に描けちゃいます。ぜひマネしてみてくださいね!

他のおすすめ記事を読む
若く見せたいなら今すぐやめて!老け見えを加速するメイク&若見えメイクのコツ

目次

ダサ見え①眉頭から眉尻にかけて急激に細なりになっている

これはとてもやりがちです。自分で処理するとどうしても細くすることだけが目的となってしまい、山の位置を見失います。

コツとしては眉山の筋肉を基準にすることです。おでこに皺を寄せるように眉を上げると筋肉による皺が出てくるのでそこに合わせて山を作ると自然な眉山が作れます。

ダサ見え②眉頭から真ん中あたりにかけて色が濃くなってしまう

こちらは眉尻の毛が薄い方がやりがちです。

眉尻にかけてしっかり毛を描き、眉頭側はパウダーの明るい色のみのせると垢抜け眉に近づきます。

ダサ見え③ペンシルの囲いが濃すぎて全体的に眉のグラデーションが一切見えない

ペンシルは毛一本ずつを描くようにしましょう。

ダサ見え④毛流れが不揃い

必ず毛流れをブラシで整えてから描き始めましょう。

また、眉マスカラやクリア眉マスカラで毛流れを固定するとより美しい眉になります。

垢抜けテクニック

ここ数年で大きくトレンドが変わり、2022年の眉は平行アーチ型が主流となりました。

今まで紹介したNG行動を踏まえた上で、どこを気をつけるべきなのかご紹介します。

・眉頭〜眉山までは太さは基本同じ

・眉山のあげ方は眉頭の位置から1/3ずらした位置まで

・1番色の濃い部分は眉頭・中央・眉尻の3等分した中央部分

・囲みの線はペンシルではなく、コンシーラーで作る(※眉山から眉尻にかけてのみ。)

・眉の毛流れを意識し、余分に色を乗せすぎないようにする。

このテクニックを駆使すればきっとあなたの眉も美しくなります。ぜひ明日からやってみてくださいね♪



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

eyedresserMAKO

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録