アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク NGメイク アイシャドウ 夏メイク 2022年

2022年夏のアラフォーさんのメイクはココに要注意!プロが教える「実録NGアイメイク」3選

/

美容ライターの遠藤幸子です。アラフォーの皆さんは、季節感のあるメイクを楽しまれているのではないでしょうか。今回は、夏のメイクで特に注意したいNGなアイメイクと、それをアップデートする方法をご紹介します。

目次

【夏のNGアイメイク①】涼しげを通り越してホラーなブルーアイシャドウ

夏になると、涼しげなブルーのアイシャドウに手が伸びます。しかし、どんなブルーをどのように纏うかによって、涼しげを通り越して怖い印象に見えてしまうことがあります。

特にアラフォーさんは目の周りのくすみとブルーが一体化して、疲れた印象に見えたり、若作り感が出たりするので注意しましょう。

【アップデート方法】

ブルーのアイシャドウをメインに使いたい場合には、淡く透け感のあるものを選びましょう。そうすると、肌から浮いて不自然に見えるのを避けることができます。

【夏のNGアイメイク②】安っぽすぎてイタい!ギラギラ輝くラメ

夏になると、強い日差しの下でキラキラと輝くラメメイクを楽しみたくなります。しかし、ラメも粒子が大きいとギラギラ輝いて安っぽく見えてしまいます。

また、広範囲にラメを纏うのもアラフォーさんはNGで、肌のアラが悪目立ちしたり、安っぽい印象に見えたりします。注意しましょう。

【アップデート方法】

ラメメイクを楽しみたいときには、ラメの粒子が細かく、上品な輝きを放つものを選ぶことが大切です。

また、ポイント使いするのがおすすめで、目尻側にラインのように入れる、アイホールの中央部分にサッと重ねる、といった方法がアラフォーさん向けです。

【夏のNGアイメイク③】しっかり引き締めすぎてキツく見えるブラックライナー

夏は1年の中でも色鮮やかなファッションを楽しむ方が多いのではないでしょうか。そして、そんなファッションに合わせて、メイクも鮮やかになりがちに。

そうすると、目元を引き締めるために登場回数が多くなるのが、ブラックのアイライナーです。太めに入れたり、大胆に跳ね上げたり、長めに入れたりしがちですが、そうすると、キツく見えたり、古臭く見えたりしてしまうので、注意しましょう。

【アップデート方法】

ブラックのアイライナーをどうしても使いたい場合には、細く入れ、長くならないようにするのが大事なポイントです。

このほか、夏らしいメイクを楽しみたいなら、アイシャドウと同型色だったり、遊び心を加えたりするようなカラーのアイライナーを組み合わせるのがおすすめです。

例えば、オレンジアイシャドウにブラウンのアイライナーを合わせて、目尻側にだけ淡いグリーンカラーを合わせる、水色のアイシャドウにネイビーのアイシャドウを合わせるなど。

あらかじめ手の甲などで色を合わせて確認しておくと、失敗を避けることができるので、ぜひ事前に確認してみてください。

いかがでしたでしょうか。今回は、夏のメイクで特に注意したいNGなアイメイクと、それをアップデートする方法をご紹介しました。

当てはまるものがあれば、この機会に見直して、自分をより良く見せるメイクにアップデートしましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録