アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

全部800円以下!プチプラでも超優秀シングルアイシャドウ特集

シングルアイシャドウ、流行っているけど、種類も多いしどれを買ったらいいかわからない!という方、多いのではないでしょうか。いつものメイクに1つ追加するだけで、毎日のメイクを変えられる魔法のようなアイテム。イベントが目白押しの夏にたくさん使える、かわいいプチプラシングルアイシャドウをご紹介します♪

目次

この記事を試すのにかかる金額

  • CANMAKE ジュエリーシャドウベール 03/600円+税
  • CANMAKE ベルベッティフィットカラーズ 01/550円+税
  • Visee AVANT シングルアイカラー 034/800円+税
  • MAJOLICA MAJORCA シャドーカスタマイズ OR481/500円+税

まずはこれを買え!ベース+遊びに使えるラメ!

<CANMAKE ジュエリーシャドウベール 03/600円+税>

シングルアイシャドウ、どれを買ったらいいかわからない!という方に真っ先におすすめしたいのは、肌の色になじみやすいベース寄りのカラー。

普段お使いのアイシャドウを使う前に、まぶたにうすく乗せるだけで、普段のメイクと雰囲気を変えることができます♪

紹介したCANMAKEのものは、ピンク系のラメで自然なツヤを作ってくれる神コスメ。また、これ1つで大きめ・小さめのラメの2種類を使い分けることができます。

小粒ラメは会社で、大粒ラメはイベントの時といったように、シーンによって使い分けができるので便利です!

ラメ系アイシャドウはどのタイプのシングルアイシャドウでも使いやすいですが、アイグロスという名前で発売されている、リキッドタイプのアイシャドウもベースとしてかなり使いやすいです♪

1色でアイメイク完成!時短メイクの強い味方ダークカラー

<CANMAKE ベルベッティフィットカラーズ 01/550円+税>

ジェル系のアイシャドウで、こちらはデカ目効果を発揮する王道ブラウンカラー。

他のアイシャドウパレットと合わせて使うのももちろんアリですが、これ1つでアイシャドウを完成させることも可能なんです。

指のみで仕上げるのはテクニックが必要なので、アイシャドウはブラシで入れ、指でぼかすときれいに仕上がりやすいです。

ダーク系カラーはリキッドタイプのものだと、グラデーションを作るのが難しいため、ブラシで入れられるパウダー、ジェルタイプのものが特におすすめです!

いつもと違う自分に。単色だからこそ普段使わないカラーで冒険を!

<Visee AVANT シングルアイカラー 034/800円+税>
<MAJOLICA MAJORCA シャドーカスタマイズ OR481/500円+税>

いわゆるメインカラーと呼ばれるこういったカラフルなカラーは、使いこなせるか不安…と感じることも多いかと思います。そんな時こそ、まずはプチプラコスメでチャレンジしてみてください!

パウダーやジェルタイプのものが使いやすくおすすめです。

使い方として、まず肌色に近い、ベースカラーのアイシャドウをまぶたに入れます。使うのはお持ちのアイシャドウの一番明るいカラーでOK。

私は今回セザンヌ トーンアップアイシャドウ02の一番明るい色を使用しました。

次にカラーシャドウを二重幅、目尻寄りにブラシで入れて、ぼかしたら完成。

一重まぶたで、まぶたに入れても色が見えない!という方は、下目尻にもしっかり、細めのブラシで入れると色を主張できるので簡単です。

今回ご紹介したオレンジやブルー等のビビッドなカラーは、幅広く入れすぎないように使うと派手すぎない仕上がりになります。この後仕上げにお好みでラメを乗せるのもかわいいと思います♪

まとめ

シングルアイシャドウにはブラシがついていないことが多いですが、ブラシorチップで付けることで、慣れていない方でも失敗が少なくきれいに付けることができます!

色々なブランドから発売されているシングルアイシャドウ、1,000円以下のものでもさまざまなバリエーションがあり、一度ハマるときっと集めたくなりますよ♪

まずは明るめの、まぶたになじむカラーのものを1度手に取ってみてください!

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#アイシャドウ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■王道ブラウンは失敗知らず♪買ってよかった!底見えシャドウ
■美容マニアが実際に使ってよかった!優秀アイシャドウ5選
■夏メイクはこのプチプラアイシャドウパレット1つあればいい!
■ココを見極めれば失敗しない!好印象アイシャドウの選び方
■夏の太陽を味方につける♡日差しに映えるキラキラコスメ4選


/

この記事の著者

まりこ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録