アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
まだ夏メイクのままの人、ちょっと待って!同じアイシャドウで夏→秋にチェンジして垢抜ける方法

まだ夏メイクのままの人すぐやめて!同じアイシャドウで夏から秋にチェンジして垢抜ける方法

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。だんだんと暑さがマシになってきて、秋に向かってきましたね。メイクも夏メイクから秋メイクにシフトしてみましょう!今回は同じアイシャドウなのに使い方次第で秋っぽく垢抜けられるメイク法をご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
自分で簡単にできるのに可愛い♡ロングさん向け垢抜け「浴衣ヘアアレンジ」

目次

使用アイシャドウ

今回使ったアイシャドウは、韓国コスメのrom&nd(ロムアンド)のベターザンパレット マホガニーガーデン。

日常使いしやすいベージュ・ブラウンで構成されていて、1年中使いやすいのがポイントです。

秋シフトポイント①深みを増すアイシャドウの塗り方

夏メイクは夏の日差しに映えるキラキラと光を感じるアイメイクでしたが、秋メイクは目元の深みを増していくと雰囲気が変わります。

塗り方のポイントは、引き締めカラーを目のキワに塗ってしっかり発色させてから、アイホールのエッジをほんのりパールの入ったアイシャドウでボカして、ツヤっとした質感を残していきましょう。

引き締めカラーを最初にのせることでグッと深みが増します。

アイラインは一番濃いブラウンシャドウをライン状にひいて繊細に引き締めます。

秋シフトポイント②目の下のアイメイクも深みを出す

目の下は夏メイクの時はキラキラホログラムものせていましたが、秋メイクは目の下も1番濃いブラウンカラーをライン状に入れて、深みを出してみましょう。

重たくならないようエッジはシェードカラーでしっかりボカすのもポイントです。

秋シフトポイント③マスカラのカラーも暖色系にシフト

アイシャドウの塗り方を変えて深みを出したら、マスカラは暖色系のニュアンスが入ったカラーを合わせると一気に秋っぽさが出て、深みはあるのに重たくならずで一石二鳥な効果があります。

今回使ったマスカラはデジャヴュのボルドーブラック。ほんのり赤みのあるカラーであたたかみがあるオシャレカラーです。

仕上がりはこんな感じです。

2022年夏はアイシャドウが主役です♡プロイチオシの夏っぽ垢抜けアイメイクのやり方で同じアイシャドウで夏メイクを紹介しているので、比べてもらうと違いが分かりやすと思います。

夏メイクとの違いがわかりますか?同じアイシャドウを使っても塗り方や、他のアイテムとの合わせ方で一気に秋メイクにシフトできます。

眉も明るくし過ぎず少しトーンを落とすとアイメイクとのバランスもとれますので、ぜひ試してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録