アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

実は栄養たっぷり!ヘルシー食材の優等生、キクラゲ。ご飯のお供にキクラゲの醤油煮はいかが?

/

いよいよ新米の季節到来!ご飯のお供にぴったりなキクラゲの醤油煮を作りませんか?キクラゲは食物繊維が豊富で、ビタミン、ミネラルが多く、低カロリー。美容に効果がある食材としても注目されています。乾物なので常備しておけばいつでも使えるのも大助かり!ぷるぷる食感が魅力の生きくらげを使ったレシピも紹介します。

目次

きくらげの醤油煮

ご飯のお供はもちろん、お酒のアテにもぴったりな「きくらげの醤油煮」。きくらげのコリコリとした食感に、芳ばしい醤油とごま油の香りが食欲を誘う、我が家の人気常備菜のひとつです。レシピの一番のポイントは、きくらげは包丁を使わず、手でちぎること。こうすると断面の表面積が広くなり、ぐっと味がからみやすくなるんです。ぜひお試しを!

材料(作りやすい分量)

・きくらげ…20g
・ごま油…小さじ2
・醤油…大さじ1
・にんにく…少々

作り方

① きくらげを袋の表示にならって、たっぷりのぬるま湯で5分ほど戻します。

② ザルにあげ、水気をきって軽くしぼります。

③ 石づき(固い部分)をとり、手で食べやすい大きさにちぎります。

④ フライパンにごま油を熱し、③のきくらげを炒めます。油がまわったら一旦、火を止めます。

⑤ 醤油、すりおろしたニンニクを入れて、火をつけ、水分がなくなるまで煎りつけます。お好みで白ごまをふって召し上がれ。

生きくらげの醤油煮

近頃は乾物だけではなく、国産の生きくらげも、よく見かけるようになりました。生きくらげは、肉厚でやわらかく、ぷるんぷるんの食感が魅力。「きくらげの醤油煮」も、乾燥きくらげで作るものとは、また別の美味しさですよ。

材料(作りやすい分量)

・生きくらげ…100g
・ごま油…小さじ2
・醤油…大さじ1
・にんにく…少々

作り方

① 生きくらげは、石づき(固い部分)をとり、手で食べやすい大きさにちぎります。

② フライパンにごま油を熱し、①のきくらげを炒めます。油がまわったら一旦、火を止めます。

③ 醤油、すりおろしたニンニクを入れて、火をつけ、水分がなくなるまで煎りつけます。できあがり。

きくらげは、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ。食物繊維たっぷりで、その量はなんとゴボウの3倍なんだとか。また、骨や歯を丈夫にしてくれるビタミンDや、鉄分、カリウムも豊富。しかも、低カロリー!女性にとってはいいこと尽くしのキノコなんです。

ヘルシーで、しかも美味しい!きくらげ。ご飯はもちろん、ラーメンや中華丼、卵炒めにあわせたり、「きくらげの醤油煮」にしておけば、その後の展開だって自由自在。ぜひ多めに作って、様々な美味しさ、味わってみてくださいね。

「#ご飯のお供」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

田中雪絵

広島の器と道具の店「LOUTO」店主/フリーランスエディター

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録