アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

炊飯器で一発で完成!かぼちゃとごろごろベーコンの洋風炊き込みごはん

/

材料を入れるだけの「炊飯器で一発ごはん」です!旬を迎えるかぼちゃは、ほんのり甘くて、ふっくらと柔らかく炊きあがります。味付けも、コンソメだけ。一緒に炊き込むベーコンから出汁も出るので、余分な味付けは不要です。冷凍保存もできる、手間のかからないレシピをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
たんぱく質を手軽にチャージ!豚肉と納豆のスタミナ焼きそば

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約10分(炊く時間は除く)

かぼちゃとごろごろベーコンの洋風炊き込みごはんのレシピ

材料(4人分)

米…2合
かぼちゃ…1/4個
ブロックベーコン…80g
玉ねぎ…1/2個
顆粒コンソメ…大さじ1
有塩バター…20g
粗びきブラックペッパー…適量
水…350ml

下準備

・かぼちゃはスプーンを使って種を取り、皮は、包丁でところどころ残して剥いたら、2cm角ほどの大きさに切る。

・玉ねぎは粗みじん切りに、ベーコンは1cmほどの角切りにする。

作り方

① 炊飯器に、米と水、顆粒コンソメを入れたら、かき混ぜる。

② 上に、玉ねぎ、かぼちゃを順に広げて入れる。ベーコンは一番上に置く。

ポイント
ベーコンは、かぼちゃと玉ねぎを重ねた上に置きます。

表面を焼くなどして美味しさを閉じ込めていないので、水に浸かると、旨みが水に溶け出し過ぎてしまいます。

上に乗せることで、蒸気と熱で程よく出汁が溶け出し、ベーコンにも味が残ります。

炊き込みごはんには、ブロックベーコンがおすすめです。

③ 上に有塩バターを置き、普通モードまたは炊き込みご飯モードで炊く。

④ 炊きあがったら、切るようにさっくりと混ぜ、皿に盛り、粗びきブラックペッパーを振りかけて出来上がり。

混ぜすぎると、かぼちゃが潰れてねちっとしたご飯になってしまうので、気を付けます。

余ったら、ラップに包んで冷凍保存して置いてくださいね!

お米は、洗ってからザルに1~2分上げただけです。特に浸水はしていません。

お好みの方法で、準備してください。

ひと手間でピラフ風に変身

お米の粒に水分が入り、もっちりとした食感の炊き込みごはんですが、固めの食感がお好みの方におすすめしたいのが、ピラフ風です。

ピラフも炊き込みごはんの一種ですが、炊飯器で炊く前に、油で米粒をコーティングする事で、余分な水分が入らず、ぱらっとしたやや硬めの食感になります。

材料と準備は、同じですが、有塩バターで炒めてから、炊飯器にセットします。

ベーコンと玉ねぎも炒めるので、香ばしさもプラスされて風味がアップしますよ!

作り方

① フライパンに有塩バター、玉ねぎ、ベーコンを入れたら火を点け、中弱火で有塩バターを溶かしながら炒める。米も入れて1分ほど炒める。

② 炊飯器に入れ、水と顆粒コンソメを加えたら、かき混ぜる。

③ 上にかぼちゃを広げて入れ、普通モードまたは炊き込みご飯モードで炊く。

④ 皿に盛り、粗びきブラックペッパーを振って、出来上がり。

かぼちゃが美味しい季節です。炊飯器で手軽に作れるので、ぜひおうちで「かぼちゃとごろごろベーコンの洋風炊き込みごはん」を作ってみて下さいね!

「#炊飯器レシピ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録