アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ヘアケアの効果が何倍も上がる!美容師が教えるシャンプー&トリートメント正しいやり方

この季節になると毎日汗をかき、シャワーの回数も増えると思います。特にシャンプーやトリートメントは毎日欠かさずやるものですので、効果的にやる方法を知っておく必要があります。そこで今回は、シャンプーとトリートメントの効果を何倍も上げる方法と正しいシャンプーの選び方をご紹介したいと思います。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

シャンプーの正しいやり方

①湯洗いをしっかりする

ほとんどのご家庭でお風呂場にはシャワーがあると思います。シャンプーをつける前にシャワーで髪を濡らすと思いますが、この濡らしを気をつけなければなりません。

濡らすだけでは髪の毛や頭皮についた汚れをしっかりと洗い流す事が出来ませんので、お湯で髪の毛や頭皮をかくように湯洗いをしっかりとして下さい。そうすると、シャンプーの効果を100パーセント引き出す事が出来ます。

②泡だてをしっかりする

シャンプーの効果を高める為には泡をしっかり作ることが大切です。しっかりと湯洗いした髪の毛は泡だちが良くなります。

シャンプー剤は手のひらで軽く伸ばしてから、手のひらで円をかくように泡だててください。よく指で泡だてる方が多いですが、指だと摩擦面積が小さいので泡立てるのが難しくなります。

③1分洗って3分すすぐ

シャンプーは頭皮を指でなぞりながらある程度の力で最低1分は洗って下さい。そして実は洗いより大切なのが「すすぎ」です。すすぎをしっかり出来ていないと泡が頭皮に残り、それが酸化して硬くなり頭皮の毛穴の詰まりの原因になり、次生えて来る髪の毛の妨げになります。最低でも3分はすすぎ続けて下さい。

正しいトリートメントのやり方

①毛先につけしっかりと揉み込む

トリートメントは髪の毛の内部ににタンパク質などの栄養を補うものです。ただつけるだけでは髪の内部に栄養が届かない事があります。毛先にトリートメントをつけた後はしっかりと手で揉み込んで、栄養が髪の中に染み渡るように心がけて下さい。

②頭皮につけない

トリートメントはシャンプーと違い頭皮につけてはいけません。多くのトリートメント剤には「シリコン」という成分が配合されているので頭皮につけてしまうと毛穴詰まりの原因になってしまいます。毛先を中心に慎重につけていってください。

③すすぎ過ぎない

トリートメントはシャンプーと違い、すすぎ過ぎるとその効果を最大限に発揮する事が出来ません。手触りで確認してください。するっと通るくらいの手触りで流すのがおすすめです。

どんなシャンプーを選べばいいか?

色々なシャンプー剤が販売されている中からどんなシャンプーを選べば良いか分からない方が多いと思います。シャンプーの選び方はずばり「自分に合ったシャンプー」です。

髪の毛のボリュームを出したい方はボリュームをアップシャンプー、ボリュームを抑えたい方はボリュームダウンシャンプー、髪の毛をしっかりさせたい方はスキャルプシャンプーの様に自分の求めている質感のシャンプーを選ぶ事が大切です。

シャンプーとトリートメントも正しい使い方を学んでより効果的に毎日やり、秋冬の備えとこの夏のヘアケアを頑張っていきましょう。

「#ヘアケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■ベタつく夏の救世主!全身サラサラにしてくれる優秀バスアイテム3選
■頭皮ケアは夏がおすすめ!美容師が教える簡単セルフヘッドスパ
■そのシャンプー老け顔を作るかも!シャンプーのNGポイント5つ
■脱・パサパサ髪!360℃どこから見ても“艶髪美女”の作り方♡
■髪の毛が早く乾くシャンプーってなに?エッセンシャルの新作レポ


執筆者:野澤琢眞


この記事に関連するキーワード


53

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録